引越しをキャンセルするには?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越しのキャンセルをする場合

もし、引っ越しの予定をキャンセルしなければならなくなった、また、見積もりをとって契約したけれど、他の業者の方が魅力的で変更したいというケースもあるでしょう。

 

このような場合、どうすれば良いのでしょう。

 

まず、基本的にはキャンセルをするのは引越しを契約した本人の自由です。

 

そのため、キャンセルをしたからといって何か問題があるというわけではありません。

 

しかし、引越し業者も仕事ですからスケジュールには穴があかないよう、毎日計画を立てて調整をしています。

 

急なキャンセルは、相手に迷惑をかけてしまうことにもなりますのでなるべく避けた方が良いと思います。

どうしてもキャンセルをする場合

では、やむを得ずキャンセルをすることになってしまった場合はどうのようにすれば良いのでしょう。

 

キャンセルには、キャンセル料が発生します。

 

このキャンセル料は法律で決まっており、当日にキャンセルした場合は、契約した料金の20% と実費負担前日の場合は10% と実費負担が生じることになっています。

 

この実費負担というのは、引越し前の準備品として引っ越し業者側から発送されたものを返送するための送料や再利用が不可能な梱包材の買い取りで必要なお金のことです。

 

この事を知って、契約する方はとても少ないため、引越し業者側はこのキャンセル料について説明をする義務があります。

 

そのため、引っ越し業者の営業マンは契約前にキャンセル料の発生について簡単に説明し、契約者に詳しく書いてある紙を渡してくれるようになっています。

なぜキャンセル料がかかるのか?

業者を契約をした後、なんらかの理由によってキャンセルをしたいという場合も出てくると思います。

 

キャンセルをすること自体は、業者に連絡をしてその旨を伝えるだけでよいのですが、この時キャンセル料が必要になる場合がありますので注意が必要です。

 

業者としても契約が決まった時点で必要な準備をして人員を確保します。

 

さらに予定されている時間というのは他の依頼を入れることができなくなってしまう場合もありますし、急にキャンセルをされてしまっては損をすることになります。

 

予定日直前に突然キャンセルされるというのはとても困るのです。

 

そのため予定日当日、もしくは前日にキャンセルをした場合にはキャンセル料を支払うことになります。

 

当日の場合なら料金の20パーセント、前日なら10パーセントのキャンセル料となります。

 

つまり、予定日の2日前までであればキャンセル料が発生することはないということになりますから、もしキャンセルをするのであれば2日前までに決断するということが重要になってきます。

 

また、予定日の前日であっても自然災害によって作業が困難になってしまった場合などはキャンセル料は発生しません。

 

こうしたケースというのは申込者が意図してキャンセルしようとしたわけではありませんので、キャンセル料も取られないということになるわけです。

 

ただ、こうしたケースはまれなことであると言えます。

 

基本的には予定日の前日・当日にキャンセルをすればキャンセル料がかかるということを把握しておきましょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報