賃貸物件の解約手続き〜引越し業者ナビ





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





賃貸物件の解約手続きについて

これから引越しをするために、引越し業者を探している方もいると思います。

 

初めて引越しを経験する方は、何から手をつければ良いのか迷ってしまうと思います。

 

引っ越しする日が決まったら、まず最初にする事はなんでしょう。

 

それは、今住んでいる家の契約を解約することです。

 

実家に暮らしていて一人暮らしをする場合は必要ないことですが、今賃貸住宅を利用しているのであれば必要な手続きとなります。

まず引越しすることを伝えましょう

引っ越しの日が決まったら、賃貸借契約書に沿って、借主つまり大家さんに引越しを通知する必要があります。

 

賃貸物件を利用している場合の多くは、不動産屋さんが仲介に入っていると思いますので大家さんに直接連絡するというよりは、不動産屋さんに連絡して通達してもらうという流れになります。

 

その際、解約するにはどのくらい前に連絡してくださいという内容の文章が契約書には書かれています。

 

この期日によっては、現在利用している家の家賃は日割り計算、あるいは1ヶ月分支払う必要が出てきます。

 

日割り計算の家賃であれば安いから大丈夫と思っている方は多いかもしれませんが、1日分の家賃でも支払うことは無駄な出費につながります。

 

引っ越し費用を少しでも抑えるのであれば解約手続きは速やかに行い、なるべく支払いが少ない状況を作っておいた方が良いと思います。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

引越し当日の時間調整をしましょう

また、解約の報告をする際には引越し当日の時間も調整しておく事が必要となります。

 

不動産屋さんの多くは部屋の搬出が終了した時点で、現在の部屋の状態をチェックするために訪問します。

 

その時に修繕が必要な部分やそれにかかる費用などの説明もしてくれるので、時間にロスができないよう、なるべく引っ越し業者による荷物の搬出終了後すぐに始められるよう調整する必要があります。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報