単身赴任の定義〜引越し業者ナビ





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





単身赴任とは?

これから単身で引越しをするために、引っ越し業者を探している方もいると思います。

 

単身で引越すパターンとして考えられるのが「単身赴任」です。

 

会社に勤めてない方でも、一度は聞いた事のある言葉でしょう。

 

では、単身赴任とは具体的にどのような場合のことを指すのでしょう。

 

単身赴任は、夫または妻が家族を残し、今住んでいる家から離れて転勤する事をいいます。

 

たとえば、企業の組織変更により離れた会社へ行くよう辞令が出たなどがこのパターンに当てはまります。

 

また、単身赴任の場合、長期間に渡って離れなければならない必要がある場合のことに限ります。

 

短期間の場合は、出張や出向という扱いになりますので単身赴任とはまた異なります。

単身赴任に多いケースとは?

単身赴任となるケースに多いのは、やはり子供のいる夫婦です。

 

子供がいない夫婦の場合、どちらかに会社から辞令が出されても2人で転勤先に引っ越しをするパターンが多いからです。

 

しかし、子供がいるとなると学校など生活の環境を変えたくないと考える家庭も多く、どちらかが残り、単身赴任という形をとります。

 

また、夫婦のみの家庭の場合では、仕事の都合でどうしても一緒に行けないという事もあります。

 

その場合、単身赴任というよりも別居という言葉で表すことの方が多いと言われています。

最近は、女性の単身赴任も増えています

単身赴任というと男性のイメージが強くありますが、最近は女性の単身赴任も増えてきているそうです。

 

女性の社会進出がめざましい現在ならではの傾向といえるでしょう。

 

一般的には女性は家庭と仕事の両立というイメージが強いため、単身赴任の辞令が出されることは珍しいことではありますが、このようなパターンもあるという事です。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報