引越し業者の繁忙期





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業界にも繁忙期はあります

 

引っ越し業者に、質の良い引越し作業を行なって貰うためには、引越しのピーク時期を知っておく必要があります。

 

どの業界にも繁忙期があるように、引っ越し業界にも繁忙期が存在しています。

 

しかも相当…かなり…大忙しになる時期があるのです。

 

引越し業者が最も忙しくなるのは・・

引越し業界が最も忙しくなるのは、3月〜4月にかけての時期です。

 

日本各地で新生活をスタートさせる人たちが出て来ますので忙しくなるのは当然ですね。

 

この時期は料金も高く設定されていますし、何より業者の人がかなり不足します。

 

人手が不足しているために、日雇いのアルバイトなどが作業にくる確率も飛躍的にアップします。

 

もちろんアルバイトなどもしっかり教育されていると思いますが、やはり普段から同様の作業を行なっている人に比べると頼りない気がするものです。

 

料金は高いのにサービスの質は低下する…これでは少し悲しいですよね。

 

どうしても引っ越しがその季節になってしまうというのならば我慢するしかありませんが、そうではないという場合には、できるだけ繁忙期を避けた方が良いでしょう。

 

料金も抑えられますし、丁寧で質の良いサービスを受けられると思います。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

ほかにも忙しい時期はあります

引っ越し業者が忙しくなる時期は、3月〜4月以外にも8月〜9月などがあります。

 

8月は夏休み、9月は社会人の方々の転勤が多くなる季節なのです。

 

春に比べれば多少は落ち着いていると思いますが、料金など少し注意が必要です。

 

また、土日は1年を通して料金が少し割高となっています。

 

引越し業者に依頼をする時は、できるだけ平日を狙っていきましょう。

おさらい情報〜引っ越しの繁忙期

引っ越し業者には非常に忙しい時期、繁忙期があります。

 

時期としては3月、4月、8月、9月、が繁忙期とされていて、さらに細かくみていくとゴールデンウィークのような大型連休、土曜、日曜、祝日、祭日、なども繁忙期に該当します。

 

こうした繁忙期というのは多くの依頼がありどんどん依頼をこなしていかなければならない時期となっています。

 

その分サービスの質が低下する可能性があり、料金面でも繁忙期ではない時期と比較して割高になってしまうことがあります。

 

たとえば3月、4月というのは多くの人が新生活を迎える時期で、新しい土地で生活を始めるという方も多くそれだけ転居者の数も多くなります。

 

この時期は学生も何かと忙しいためアルバイトの数を十分に揃えることが難しく、社員だけで数多くの依頼をこなしていかなければならないということもあり、忙しさによる疲労や人手不足などでどうしてもサービスの質は低下してしまいます。

 

大型連休や土曜、日曜も同様に忙しいことが原因でサービスの質が低下することは珍しくありません。

 

確かに、利用者にとっても平日は学校や仕事などで忙しくどうしても休日を利用したいという考えになってしまうのですがその結果として満足できない引っ越しをすることになってしまう可能性もあります。

 

どうしても繁忙期でなければいけない、という場合は仕方ないのですが、できることなら繁忙期は避け忙しくない時期を狙うのが賢い方法と言えます。

 

そうすれば十分なサービスを受けることができますし、料金も安く抑えることができるでしょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報