引越し業者の閑散期





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越しは閑散期がおすすめ〜その理由とは?

 

引越し業者の繁忙期は、3月〜4月、8月〜9月というお話はしましたが、繁忙期があるのですから当然閑散期もあります。

 

ちなみに閑散期とは、比較的お客や注文などが少ない…いわゆる「暇」な時期であります。

 

引っ越し業者としては少しでも儲けを出さなければいけない訳ですから、この時期はお客を勝ち取ろうと各社さまざまなサービスやキャンペーンを行なっています。

 

値引きなどをしてくれる可能性も高くなります。

 

引越し業者の閑散期は、一般的に1月、6月、11月、12月と言われています。

 

理由その@〜料金が安く抑えられます

閑散期と繁忙期の料金の違いを比較してみると、あなたはきっと驚くのではないでしょうか。

 

開きが大きいところでは、なんと2倍ほどの違いがあるのです。

 

たとえば、閑散期に15万円だった費用が、繁忙期では30万円になるという事です。

 

これは正直かなり大きいですよね。

理由そのA〜質の高いサービスが期待できます

さらに繁忙期のところでも触れましたが、業界自体があまり忙しくない時期というのは、人員も結構余っています。

 

繁忙期のようにアルバイトなどを使わずしても人数が足りてしまうので、社員などによって質の高いサービスを受けられると思います。

 

基本的に引越しの時期はいつでも大丈夫という場合でしたら、1月、6月、11月、12月に合わせて引越しの準備をしていくと良いかもしれません。

 

引っ越し業者を利用して引っ越しを行なう時は、繁忙期と閑散期をしっかりと意識して、少しでも費用を抑えられるようにしましょう。

 

引っ越しは何かとお金が掛かりますから、いろいろな場所で節約する事が重要なのです。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

おさらい〜再度閑散期を確認しましょう

引っ越し業者には繁忙期と呼ばれる忙しい時期と、閑散期と呼ばれる忙しくない時期があります。

 

利用者にとっては料金はできる限り低く抑えたいものですが、閑散期を狙うことで料金を安く抑えることが可能になります。

 

閑散期は依頼の数が少ないため、どこの業者もとにかく依頼を受けたいと考えています。

 

仕事がなければ必要経費だけがかさんでいきますのでこれは当然のことです。

 

そのため、どこの業者も閑散期は利益を度外視してまずは依頼を取ることを最優先に考えるようになります。

 

その結果繁忙期と比較して料金を安く抑えることが可能で、さらには閑散期で人手を十分に確保することができますから充実したサービスを受けることができるようにもなります。

 

たとえば、1月や2月というのは閑散期となっています。新年を迎えたばかりで何かと忙しいしこの時期は避けるという利用者は多く、依頼は他の時期に比べて大きく減る傾向があります。

 

また、6月も3月4月が繁忙期となる分、依頼の数が大きく減り閑散期とされています。

 

平日も同様に依頼の数は少なく閑散期と考えることができます。

 

こうしたタイミングを狙うことによって、より安い料金での引っ越しを実現することができます。

 

場合によってはどうしても閑散期は狙えないということもあると思いますが、単純に住み替えるだけという場合などは比較的時期をコントロールしやすいと思います。

 

そうした場合にはできるだけ依頼の数が少ない、閑散期を狙って依頼をするようにしてみましょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報