どんな時に人は引越しをするのか?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越しをする理由はさまざまです

住居の引越しなどで引っ越し業者を利用した事がある人も多いと思いますが、自分以外の利用者が一体どういう理由で引越しをしたのかというのもちょっと気になりますよね。

 

インターワイヤード株式会社が運営している「DIMS DRIVE」で引っ越しについてのアンケート調査が行なわれていましたので、それを参考にいろいろとご紹介していきたいと思います。

 

まず驚いたのが、アンケートにこたえてくれたモニターの約94%が引越し経験者だったという点です。

 

確かに、引越しを経験した事がある人は多いだろうと思っていましたが、まさかここまでとは…という感じです。

 

引っ越し業者がこれだけたくさんあるのもうなずけます。

 

そして、「引っ越しをした事がある」と答えてくれた方々にその引越し理由をたずねてみたところ、家を建てたり購入したからと答えた方が最も多かったです。

 

次に転勤、結婚、住居が狭くなった、親との同居、就職や進学、一人暮らしや独立…と、続いています。

 

中には、気分転換という理由や隣人やご近所との問題とこたえている人もいました。

 

本当にいろいろな理由があるんだなと思いました。

 

しかし、こうやって理由を見てみると、やはり人生の節目節目というか、大事な時に引っ越しは絡んでくる事が多いようです。

 

新たなスタートとでも言いましょうか。

 

とても重要な場面を支えてくれているんだなと感じます。

 

そう考えると引越し業者も慎重に選んで、気持ち良く新たなスタートを切りたいですね。

 

その場所から新たな1ページが生まれるわけですから。

実際、どんな理由が多いの?

 

引っ越しをする理由というのは人それぞれです。

 

どのような理由が多いのかというと、最も多いのは結婚を機に新しい住居に移りたいというものです。

 

やはり、夫婦として生活を始めるうえで環境も新しいものにしたいと考える人が多いということでしょう。

 

この他にも様々な理由があり、入学や入社などで新しい土地で生活をすることになったという場合や、転勤、経済的な事情、ペットを飼うことになったのでペット可のマンションに移りたい、といった理由も多く見られます。

 

こうした理由というのは生活が変化することによって生じる理由となりますが、それだけではありません。

 

現在の環境がどうしても馴染めない、気分を一新するために住む場所も変えてしまいたいといった心理的な理由も数多く見られます。

 

また、近隣住民と上手くいっていない、もっと広いところに住みたい、最寄り駅までが遠い、日当たりが悪いといった現在の住居の環境に不満があるというのも引っ越しを決める大きな理由となっているようです。

 

こうして見てみると、仕事などが理由でどうしても住居を変えなくてはならない場合と、自分の意思で住居を変えたいという場合に大きく分けることができるようです。

 

中でも仕事や進学などが理由で引っ越しをしようと考える場合はその時期もある特定の時期に集中してしまうことになります3月や4月がその時期に該当し、業者もこの時期は非常に忙しい時期ということになります。

 

どうしても時期をずらせないという場合もあると思いますが、もし時期をある程度自由に決められるのであれば忙しい時期は避けるのがおすすめです。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報