引越し業者の利用率

利用率について

インターワイヤード株式会社が運営しているネットリサーチの「DIMS DRIVE」で行なわれた引っ越しについてのアンケート調査によると、引っ越し業者を利用したと答えた人は全体の約60%で、さらに一戸建てに住んでいる方よりもマンションや団地に住んでいる方のほうが利用率が高いという結果が出ました。

 

これは大変興味深いです。

 

ちなみに、引越し業者利用の具体的な数字では、一戸建てが約58%、アパートが約45%という結果に対して、マンションや団地は約70%の人が業者を利用したという事でした。

 

かなり多いです。

 

やはりマンションや団地になると、階段があったり、エレベーターがあったりで、家具や家電の持ち運びが難しいからでしょう。

 

通路などもそこまで広くとられているわけではないので、プロの手に全部任せてしまおうと考える人が多いのでしょう。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

引っ越し業者を利用しなかった方の理由

 

この調査では、引越し業者を利用しなかった方の理由も聞いています。

 

利用しなかった理由で一番多かったのは、「自分や家族で運べると思ったから」です。

 

そしてほぼ同じ%で2番目の理由になったのが、「友人や家族が手伝ってくれたから」でした。

 

ほかには引っ越す場所が近かったから、荷物が多くなかったから(一人暮らしの方はこの理由が一番でした)というものがあがっていました。

 

これは大変参考になります。

 

たとえば、今住んでいる所が一戸建てだとしても、引越し先がマンションや団地だったら引っ越し業者を頼んだ方が懸命という事かもしれません。

 

利用率に関するおまとめ情報

引っ越しをするとなった時にまず考えるが業者を利用するかどうか、という点ではないでしょうか。

 

あるアンケート調査によると業者を利用したという人は全体の60パーセントという結果が出ており、半数以上の人が業者に依頼をしているということがわかります。

 

中でもマンション・団地に住んでいる人に絞って見てみると70パーセントの人が業者を利用したと回答しています。

 

これは上層階に住んでいると荷物の運び出しなどがとても大変になるというのが主な理由となっているようです。

 

確かに、重い荷物を階段を使って運ぶというのは大変なことですし、大切な家具を傷つけてしまう可能性もありますからプロに依頼して安全に運びたいと考えるのでしょう。

 

このように、実際に業者を利用している人は多いのですが逆に考えると40パーセントもの人が業者に依頼していないということでもあります。

 

業者を理由しなかった人の理由としては、家族や知人が手伝ってくれたからというのが多く、他にも近所への引っ越しだったから、一人暮らしで荷物が少ないから、といった理由が見られます。

 

業者に依頼するということは当然料金が発生しますから、自分1人、もしくは家族や知人の手を借りれば十分ということになれば費用を抑えるためにも業者には依頼しないという選択肢も出てきます。

 

どちらの選択が良いのかというのは一概には言えず、それぞれの環境や状況によって変わります。

 

自分の場合はどうするのが最も良いのか、これをしっかりと考えるということが重要になります。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報