子供の転校手続き〜引越し業者ナビ





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





子供の転校手続きについて

これから家族で遠くに引越すために、引っ越し業者を探している方もいると思います。

 

遠距離の引越しで、子供の学校はそのままというわけにはいきませんから、転校の手続きを取る必要があります。

 

●公立の小・中学校の転校手続きについて

 

転校するにはまず、在学している学校から「在学証明書」と「転学生徒教科用図書給与証明書」を発行してもらいます。

 

その後、現住所を転出し、転居先に転入、転居先の教育委員会に住民票を提出すると通学する学校を指定されます。

 

ただし、これは公立の小・中学校に限ります。

 

小・中学校は義務教育なので、公立を選べば受け入れ先も住まいの学区内で簡単に見つかりますし、転入はスムーズに行われます。

 

私立の場合はレベルの問題もあるため、まずは 今通っている学校に相談してみましょう。

 

●高校の転校手続きについて

 

高校も同様になります。

 

高校は義務教育ではありませんが、公立高校なら教育委員会がありますし、私立高校なら私立高校の地域団体がありますから相談の窓口はあります。

 

ただやはり、現在通っている高校の担任の先生に相談するのがベストです。

 

同じレベルの高校が転校生を受け入れる準備があるのか、編入試験があるのか(どのぐらいのレベルなのか)、成績証明だけでいいのかなど、高校同士でないとなかなか調べきれないこともあります。

 

ただし、高校三年生の転校は、受験体制を取っている受け入れ先も躊躇しますし、進学でも就職でも困難な状況を招きかねません。

 

よほどの事情がなければ転居を遅らせたり、父親の転勤に伴う引っ越しなら、とりあえず父親だけ先行するなど配慮することが必要ではないでしょうか。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報