引越しを段取りよく行うには?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越しは段取りよく行いましょう。

 

これから家族で引越すために、引越し業者を探している方もいると思います。

 

引っ越しをすると決まったら、あれこれとやらなければならないことが山積みされていきます。

 

そのお陰で大事なことを忘れるという事態にならないよう注意しましょう。

 

子供と一緒に引越す場合

家族の引っ越しで特に注意したいのは、就学しているお子さんがいる場合の転校手続きです。

 

幼稚園、小学校、高校とお子さんが通っている学校によって、手続き方法が違ってくるので確認してからおこないましょう。

 

とにかく、転校手続きは早い方が良いです。

 

学校によっては、制服も用意しなければなりません。

 

引っ越しが決まったら、すぐに学校の担任に連絡をしましょう。

 

転校届と在学証明書、教科書受領証明書を受け取って、転校先に提出することになります。

 

学校と役場、転校先の学校と役場など、書類を提出したり受け取ったりすることになりますから、きちんと引越し前と引越し後におこなうチェックリストを作って、モレのないように気をつけましょう。

 

お子さんが小さい場合は、転居先の家から学校までの通学路を一緒に歩いて確認してあげると安心でしょう。

 

ペットと一緒に引越す場合

最近では、ペットを飼っているご家庭が増えています。

 

ペットと一緒に引越される方が大半でしょうから、どのようにペットと共に引っ越しをするかも考えておくことが大切です。

 

引っ越し業者では、ペットの引越しを受けてくれない可能性があります。

 

ベストなのは、ケージに入れて自分で連れていく方法です。

 

大型動物の場合は、ペット輸送専門業者を利用すると良いでしょう。

 

熱帯魚などは、相当用意周到におこなわないと全滅ということにもなりかねません。

 

多少のコストはかかりますが、やはりこちらも専門業者にお任せする方が無難でしょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

子供やペットとの引っ越し総まとめ

引っ越しをするタイミングには、様々なものがあります。

 

ただお子さんがいる、ペットがいると言った場合では、予定していた場合とは異なる部分も出てきますので、注意が必要です。

 

特にお子さんが乳幼児と言ったような小さなお子さんの場合、引っ越し作業がとても大きなストレスになることもあります。

 

当日の作業に関しても、事前の荷造りなどにしても、お母さんはお子さんから目を放すことが出来ないので、作業人員として考えていけません。

 

できれば友人や同僚、家族の方などに手伝って貰って、少しずつ準備を始めていくようにしたいですね。

 

また、お子さんが学童期に入っていると転校の手続き、転入の手続きなどを行っていかなければなりません。

 

転校手続きなどは、移動する日が決まったら早めに学校に相談するようにしておくと良いでしょう。

 

また、転入に関しても子どもの意見も聞いてあげると良いかもしれません。

 

手続きなどが長引いてしまうような可能性もありますので、早めに手続きなどを行うようにして、動いていくと良いでしょう。

 

ペットの場合ですが、業者に運搬を頼みたいと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、ペットの運搬に関しては各業者によって異なってきますので、事前に確認しておきましょう。

 

最もベストな方法としては、自分でゲージなどを用意して新居まで運んであげることになります。

 

また、新居でもペットを飼う場合は、新居の地域に属する保健センターなどで、ペットの登録を済ませる必要がありますので、その点も忘れないようにしておきたいですね。

 

ちなみにペットの登録手続きは、引っ越しを終えてから30日以内と言うことになっています。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報