女性が引越しをするときの注意点





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





女性の引越しでは注意が必要です。

進学や仕事の都合でこれから一人暮らしを始めようと引越し業者を探しているという女性もいらっしゃるかと思います。

 

女性が引越しをすると決めた場合は、家族での引越しや男性が単身で引越しをする時とは違った注意点が発生します。

 

ひと昔前は、就職の際に一人暮らしをしている女性は採用しないという企業もあったぐらいですが、最近では逆に一人暮らしでないといけないという企業もあるようです。

 

一人暮らしをすることによって、自立心も芽生えるでしょうし、自己管理のできる人間に成長できるからでしょうか。

 

いづれにせよ、一人暮らしの女性が増えています。

引越し先での防犯対策を考えましょう

引っ越しの際に注意する点を、二つの観点から挙げてみましょう。

 

●注意する点〜その1

 

まず、引っ越すと決まってからの物件選びです。

 

勤務先、通学校に近いところ、環境のよいところ、交通の便がよいところなど、いろいろと希望はあるでしょう。

 

けれども、第一に考慮すべき点は夜帰宅した時のことです。

 

家までの道のりの中で、夜暗くなるところ、人通りがほとんどなくなるところがあるような物件は避けた方がよいでしょう。

 

また、建物の敷地内に簡単に部外者が入れない物件、建物の2階以上を選ぶということも大事です。

 

●注意する点〜その2

 

次に、引っ越したら防犯上やっておくべき点をすぐにやるということです。

 

この部屋は、女性のみが暮らしていると悟られないようにするための対策です。

 

具体的には、表札は苗字だけ表示するようにしましょう。

 

男性物の洗濯物を干すのも一つの手です。

 

それから、玄関のドアに補助錠をつけると安心です。

 

ドアに傷をつけずに二重ロックにできるものが市販されていますので、管理会社に確認をとってから利用するとよいでしょう。

 

ピッキングやサムターン回し防止グッズも市販されていますから、それらを利用して自分で防犯対策をするように心がけましょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

物件選びは慎重に

 

一昔前までは女性が一人暮らしをするのは危険である、と言ったような風潮がありましたが、近年では女性が一人暮らしをするのは珍しくありません。

 

ただ、女性が単身で引っ越しをする時などは、やはり色々と注意しておきたい点があります。

 

どういった注意点があるのか、先ずは物件選びからポイントを紹介していきます。

 

物件選びの条件としては、家賃が予算内であること、勤務先や学校までの距離が近いところ、周囲が静かで環境が良いこと、最寄り駅が近いこと、コンビニやファストフード店などが揃っていること、など様々な条件があると言えます。

 

ただ女性の場合ですと、やはり深夜に帰宅するようなことも想定して物件を選んでおくべきです。

 

最寄り駅から家に着くまで照明がなく暗くなってしまう場所があるのか、人通りが途絶えてしまうような場所があるのか、などは最低限チェックしておきましょう。

 

近年では、セキュリティの問題も重視される傾向にありますので、物件の敷地内に入居者以外は簡単に入ることができないようになっている物件や、監視カメラが備え付けられている物件などがお勧めです。

 

また、マンションなどの集合住宅であれば、できれば2階以上の部屋を選ぶようにしておきたいですね。

 

引っ越し業者によっては新居に荷物を搬入する前に、盗聴器がしかけられていないかどうかをチェックしてくれるサービスもありますので、気になる方は利用してみるのも良いでしょう。

 

また、女性が単身で引っ越しをするような場合、業者と見積もりをするような時にも、できれば男性に立会をして貰っておくと安心度がアップすると言えます。

 

女性が引越しをするときの注意点とは?〜引越し業者ナビ関連ページ

単身女性のためのプラン
女性に便利なサービス

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報