単身赴任での引越しにかかる費用を抑えるには?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





単身赴任の時期によっては転居にかかる費用が高くなります

会社からの辞令により、単身赴任が決定したら新しい場所で生活をする事となります。

 

ここで考えるべきことは、引っ越しの時期とその方法です。

 

もちろん、引越し業者に頼むのですが時期によっては引越し費用が高くなってしまう可能性もあるのです。

 

転勤の時期というのは、引っ越し業者の繁忙期に重なる傾向にあります。

 

繁忙期とは引越しの多い時期、つまり3月から4月にかけてとなります。

 

辞令が出るのも、新年度になるのと同時にというケースも少なくありません。

 

しかし、現地で働き始める時期というのも決まっているので引っ越しの日取りをずらす事は難しいでしょう。

単身赴任の引越し費用を抑えるポイント

単身赴任となると、自分の1人暮らしの生活費と合わせて家族の生活費も必要となるため、できれば始めの引越し費用は抑えたいものです。

 

会社によっては、家具・家電付きの単身赴任用の住居を用意してくれるようなところもありますが、最近の不況で、そこまで待遇の良い会社は珍しいと思います。

 

そのため、単身赴任に必要な家具や家電は自分で準備する必要があります。

 

ですが、家電や家具は引っ越しの時に荷物になりますよね。

 

荷物が増えるとその分、引越し業者へ必要なお金も増えます。

 

そこで、少しでも荷物を減らすために家具や家電などの大きなものは引越しした先で購入する事をおすすめします。

 

現地での買い物は多少の手間がかかりますが、新しい街に慣れるついでと思っていただければ初期費用は抑えることができます。

 

仮に、家電や家具を現地で揃えるのであれば、もしかしたら引っ越し業者を頼む必要もなくなるかもしれません。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

やはり荷物を減らすことがポイントです!

単身赴任での引っ越しにかかる費用を抑えるには、当たり前ですが、荷物の量を減らすのが一番です。

 

料金には、引っ越す時期や新居までの距離も関係してきます。

 

でも、単身赴任で仕事が絡んでいる場合は、これはどうにもならないでしょう。

 

ですから、荷物の量を減らすしかないのですね。

 

もし、赴任期間が決まっているのであれば、家具付きの部屋を借りることで、荷物の量は減らせます。

 

ただ、期限が決まっていない赴任の場合だと、持っていけるものは持っていく、というのが一般的です。

 

そうなると、荷物の量は必然的に多くなってしまいます。

 

ですから、新しく買う家具や家電があれば、新居に運んでもらうか、新居へ入居した後に購入しましょう。

 

また、業者の選び方も重要になってきます。

 

今は、単身赴任パックというようなプランがあるので、これを利用しましょう。

 

業者によって料金に違いはありますが、通常のプランよりもお得になっているのが一般的です。

 

ですから、必ず単身者用のプランがあるかをチェックしてみてください。

 

そして、かなり遠距離の転居になる場合は、全国に支店がある業者を選びましょう。

 

広い地域をカバーしている業者なら、支店を経由しながら荷物を運送するので、安上がりになります。

 

一つの地域しかカバーしていない業者だと、往復の交通費や、作業員の人件費が高くついてしまいます。

 

つまり、単身赴任での引っ越しにかかる費用を抑えるには、荷物の量、プラン選び、距離によって業者を選ぶということがポイントになるのです。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報