一人でもできる!生活しながら行う荷造りのコツ〜引越し業者ナビ





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





計画的に荷造りは進めていきましょう

単身での引っ越しだから荷物は少なくて楽だろうと思っていると、間近になって慌てることになってしまうでしょう。

 

計画的に荷物の梱包を進めていくようにしましょう。

 

現在の生活を送りながらの梱包作業ですから、スムーズに進めていくには、いくつかのコツがあります。

 

ポイント1.

 

まず、梱包する荷物の順番ですが、現在の生活に支障をきたさないように、今は使っていない物や季節が違って収納してある洋服などからまとめていきましょう。

 

タオル類は、割れ物などが壊れないようにするための緩衝材として利用することができますから、しまわずに残しておくと便利です。

 

ポイント2.

 

読んでいない本類も先にまとめておきましょう。

 

重いものは、一つのダンボールに詰め込み過ぎると、荷物が非常に重くなり、引っ越し業者も持ち運びづらくなってしまうので詰め込み過ぎには注意しましょう。

 

そして、小さめのダンボールを使うようにしましょう。

 

空いたスペースは、タオルや新聞紙などで埋めておきましょう。

 

ポイント3.

 

最後まで使っていた物は、いわゆる生活する上での最低限必要な物ということなので、引越した先でも真っ先に必要になる物です。

 

最後に荷造りした荷物は、すぐに分かるように目印を付けておくと便利です。

 

すべてのダンボールには、上部だけでなく、側面にも置き場所や入れた物の名前を書いておきましょう。

 

ダンボールを積み上げても、側面に書いておけば引っ越し業者も確認することができます。

 

また、置き場所を書いておくことにより、いちいち引越し業者に指示をしなくても、きちんとダンボールを置いてほしい場所に置いてもうらうことができて助かります。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報