学生が単身で引越しをする方法とは?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





学生は自分の引越しタイプを判断してから決めましょう。

家族での引越しと違い、進学などで引越しをする学生は単身ですから、当然荷物も少なくて済むでしょう。

 

ですから、引っ越し料金もそんなにかからないだろうと思っている方が多いと思います。

 

しかし、実際には相応の引越し料金が発生します。

 

●引越し業者のサービスパックを利用する

 

最近では、限定パックとして単身専用引っ越しプランなるものが、引越し業者各社から提供されています。あるいは、学割プランというサービスもあります。

 

ずばり学割が効いて格安なんだと、何も検討せずに契約してしまうのは考えものです。

 

学割プランの料金は、荷物の数と移動距離で変わってきます。

 

ある大手引っ越し業者は、移動距離が500〜600km(およそ東京から京都ぐらいの距離)の場合、約3万円強の料金がかかります。

 

荷物は最低限に抑えてあります。

 

●レンタカーを借りて自力で引っ越す

 

レンタカーを借りた場合、おおよそ2部屋分の荷物(850kg〜2t)が載る小さめのトラックなら、1日レンタルしても1万円以下に抑えられます。

 

条件次第では、レンタカーでの引っ越しの方が料金を安く抑えることができるのです。

 

レンタカーは、使った分のガソリンを補充して返却しますから、ガソリン代も計算に入れておかねばなりません。

 

また、荷物の積み下ろしも全て自分でやらなければなりません。

 

ですから、自分で家族や友人などのマンパワーを集められて近距離であれば、レンタカーでの引っ越しがお得ということになります。

 

このように、引越しといっても色んなパターンが考えられますから、自分の引越しはどのタイプなのか判断してから、引越し手段や引っ越し業者を決定するのが賢明だといえるでしょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

やはり単身パック利用は最適です

 

大学や専門学校に進学するのを機にして、単身で引っ越しをするような方も少なくありません。

 

実家から出て、始めて一人暮らしをすると言う意味であれば、就職を機に家以外からの通学をするような方も多いでしょう。

 

新入社員、学生の方に共通して言えるのは、そこまで引っ越しに費用をかけたくないと言うようなことではないでしょうか?

 

実家から新居へと移ることを考えると、基本的に荷物は少ないはずです。大型の家電などを運び出すことはほぼありませんし、大きな荷物と言ってもベッドくらいではないでしょうか?

 

費用をかけないで新居に移りたいのであれば、新居に移ってから必要な物を買いそろえると言った方法をとることが出来ます。

 

学生や新入社員の方の場合、新居へと移る時期に関しては春がほとんどでしょう。

 

3月4月頃には、こうした単身生活をする方を対象にして家電量販店などでは、生活に必要となる冷蔵庫、洗濯機、掃除機などをセットにして格安で販売していることもありますので、費用をあまりかけることなく生活用品を揃えることが出来ます。

 

運ぶ荷物がある程度の量があると言った時には、単身パックを利用するのが最適です。

 

各業者によって、その内容は異なってくるのですが、基本的なシステムとしては単身者専用のカーゴの中に詰めるだけ荷物を詰め込むことが出来るプランになっています。

 

単身者プランでは近距離での搬送の場合、かなりお得な費用で荷物を搬送して貰うことが出来るので、自分の荷物の量などにあわせてプランを選択すると良いでしょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報