引越し業者に破損トラブルで補償してもらうために





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業者に補償してもらうためには?

引越しは、一度にたくさんの荷物を運ぶ大掛かりな作業となります。

 

細かい荷物ばかりではなく、大きな家電や精密機械なんかも荷物として運ぶことになります。

 

引っ越し業者の方がいくら細心の注意を払っていたとしても、時として破損などのトラブルは起きかねません。

 

では、このようなトラブルが起きてしまった場合、どのような対応がとられているのでしょうか。

 

引越し業者側は、このようなトラブルを想定して作業を行っています。

 

そのため、損害保険というものに加入しているところがほとんどです。

 

●引越し業者の損害保険とは?

 

この損害保険とは、万が一、荷物に損傷がおきてしまったり、搬入・搬出時に床や壁に傷を作ってしまったという時に引っ越し業者の加入している保険会社からかわりに補償されるといった内容の保険です。

 

この保険については、引越し業者の方から査定の時に説明されるはずですが、中には説明をしないような業者もあるようです。

 

もし、査定の際に保険の説明がなかったら、こちらから引越し業者に確認をすることが大切です。

 

万が一、保険に加入していないような引っ越し業者ですと、このようなトラブルが起きた時に対処してもらえない可能性も出てきてしまいますし、依頼する側としても安心して荷物を任せることとできません。

 

確認する内容としては、賠償責任保険への加入やその補償内容、補償金額はいくらまでなのかなどが挙げられます。

 

保険は、引っ越しの料金にいくらか上乗せした形で査定の際に算出されています。

 

保険料といってもそんなに高い金額ではなく、1000円前後のものですので加入を勧められたら入っておく事をおすすめします。

トラブル時の対応は冷静に!

引っ越しの荷物と言うのは、運送以外はすべて人の手で移動させます。

 

人間のやることですから、どんなに気をつけていても、破損トラブルが発生してしまうことがあります。

 

家電製品だけではなく、家具でも破損してしまう可能性はあるでしょう。

 

いくらベテランでも、住環境によっては破損をさせてしまいます。

 

階段が多い、入口が狭い、輸送距離が長いなど、破損トラブルの可能性は随所に転がっています。

 

そのため、引っ越し業者側は、破損トラブルに対応出来るように保険に加入しているのが一般的です。

 

保険に入っていれば、いざというときにスムーズに対応することが出来ます。

 

ただ、この対応は作業員では出来ないので、事故処理係やクレーム担当者などにきちんと話をしましょう。

 

破損の状態によって、修理したり、代替え品を用意したり、相当の金額をはらってくれます。

 

でも、ここで気をつけたいのが、作業員のミスで破損しても、それを認めてくれない業者があるということです。

 

当たり前ですが、業者側は出来るだけ非を認めないようにするため、最初から傷があった、というようなこと言ってくる場合もあります。

 

ですから、作業の前に大型の荷物は傷の有無を確認し、家電も動作を確認しておきましょう。

 

それでも補償を渋った場合は、消費者センターなどに訴えるしかありません。

 

だけど、こういった機関による解決は、時間がかかりますし、こちらの労力も必要になります。

 

だから、担当者とは、感情的にならず、事実だけを伝えて冷静に話し合うようにしましょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報