引越し業者と見積もりトラブルにあわないために





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





見積りに必要な情報は正確に伝えましょう

引っ越し業者との間で一番多いとされるトラブルが、「荷物の紛失や破損に対する苦情」と「見積りトラブル」と言われています。

 

では、「見積りトラブル」とは、どんなトラブルを指すのでしょうか。

 

事前の見積りよりも高い金額を請求されれば、「トラブルに遭った!」と思いがちですが、実は自分側に責任がある場合も考えられます。

 

見積りトラブルになりやすいケース

 

まずは、当日までに荷造りが終わっていないケースです。

 

引越し業者によって、引っ越しのプランはさまざまなものがあります。

 

中には、荷造りを自分ですることでコスト削減!という格安なプランとして提供されているプランもあります。

 

当日までに荷造りを終えていなければなりませんが、終わっていなければ引越し業者に手伝ってもらうことになります。

 

当然、追加料金の対象となります。

 

また、見積りの際の下見の時よりも大幅に荷物が増えているケースも考えられます。

 

「この家具は捨てるので、当日は運びません」と、見積りに入っていなかった家具が諸事情により捨てることができず、やはり運ぶことになったとなれば、当然その分の追加料金が発生します。

 

その他にも、新居前の道幅や、階数、エレベーターの有無なども正確に伝えておかないと、追加料金の対象となるケースがあります。

 


 

これらの情報が正確でなかったために、引っ越し業者側に想定外の作業負担が発生するような場合には追加料金を請求されるでしょう。

 

その他追加料金が発生した原因を作業スタッフに確認し、納得がいかない場合には見積り担当者に確認を取りましょう。

 

見積り担当者と当日引越し作業にあたるスタッフは、ほとんどの場合別人です。

きちんと契約内容を確認しましょう

 

やはり引っ越し業者とのトラブルで一番多いのが、見積もりトラブルです。

 

見積もりトラブルにもいろんな種類がありますが、中でも見積もりと実際に請求された金額との違い、というトラブルが多いですね。

 

見積もりは安かったのに、いざ引っ越しが終わったら、見積もりよりも高い料金を請求されるというのはよくあることです。

 

業者側は、料金が高くなったことに、いかにもという理由をつけてきます。

 

そうすると、利用者もしょうがないと思うことが多いようです。

 

でも、見積書と言うのは契約書になります。

 

つまり、ここで記載されているサービスや金額に変更がある場合には、修正をして、新たに契約をしなくてはいけません。

 

これは、標準引越運送約款の第十九条で定められています。

 

ですから、契約違反をしているのは業者側なので、支払う必要はありません。

 

こういった見積もりトラブルにあわないためには、まず信頼出来る引っ越し業者を選ぶことです。

 

きちんとした業者だったら、ちゃんと法に則った対応をしてくれるので、事前にしっかり確認しましょう。

 

一般的に、業者を決める場合には、複数の業者から見積もりを取ります。

 

この時、単に料金の安さやサービスだけではなく、口コミなどをチェックして、見積もりトラブルがないかを調べるのもいいですね。

 

また、請求された金額を鵜呑みにするのではなく、支払う必要があるかどうかを自分で調べることも大切です。

 

料金は業者によって違いますが、料金に関する決め事は標準引越運送約款で定められているので、きちんと調べておきましょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報