引越し業者が決まっている場合もあるようです。





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業者が決まっている場合とは?

引っ越し業者がマンションによって既に決まっている場合があります。

 

口コミでは、特に新築マンションで一斉に入居する際に多いようです。

 

マンションの管理会社にとっては、引っ越しの段取りをとって、滞りなく作業を進めるためにひとつの会社に頼めば円滑に行うことができるわけです。

 

マンションではエレベーターなど複数あるところもあれば、ひとつしかないところもあり、他の引っ越し業者同士で一斉に入居することになればエレベーターの使用権などでトラブルになることもあるそうです。

 

どこも早く作業を済ませたいものですから、一概に引越し業者が決まっているのも悪いものではありません。

 

しかし、人によってはその引越し業者がとてもよかったところもあれば、部屋に傷をつけられてしまったと不満を口コミで言う方もあります。

 

一斉入居の際には引越し業者を指定するところが多いですが、出る際には特に指定してないところが多いようです。

 

もし、マンションの管理組合で引っ越し業者が決まっているようなら、見積もりなどを取って交渉してみるといいでしょう。

 

法律的には、特に他の引越し業者を使っても問題はありません。

 

ただし、退去時も一斉退去などがある場合には確認を取っておくといいでしょう。

 

入居の場合には何らかのペナルティーが課せられる可能性はありますが、退去時には特にペナルティーはないと思います。

 

引っ越し業者には、共有部分などにしっかりと養生を行うようにしてもらうよう手配して引越しをするといいでしょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

指定業者と自分で選ぶ業者それぞれのメリット・デメリット

引っ越し業者が指定されている場合、指定の業者にお願いするべきなのかそれとも自分で業者を選んだ方がよいのか迷ってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

 

まずは、業者を指定しているオーナーの方に、まずは他社の業者に依頼してもいいのかどうかを確認することから始めましょう。

 

そして了解を得ることができたら、できるだけ多くの業者の情報を得て、料金やサービス比較をします。

 

ある程度業者を絞れたら、指定業者に問い合わせます。

 

そして、料金を安くしてもらえるかどうか交渉します。

 

また、どのようなサービスがあるのかなども必ず確認しておくとよいでしょう。

 

場合によっては、指定業者が最初に提示していた料金よりも大幅に下がることもあるようですから、価格交渉はとても大切です。

 

指定業者と自分で選ぶ業者にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

特にマンションなどの引っ越しの場合は、数件の引っ越しが同じ日に重なるということも多く、その場合指定業者がエレベーターなどの利用が有利になったりすることがあるようです。

 

また、担当以外の作業員が協力し合って作業が早く終わるというメリットがありますが、コストが高い場合が多いというデメリットもあります。

 

指定以外の業者の場合には、一番安いところを選ぶことができるのでコストを抑えることができるのがメリットです。

 

しかし、荷物運びの優先が指定業者となる場合が多く、夜まで引っ越し作業がかかるリスクがあるというのがデメリットです。

 

それぞれのメリット、デメリットを比較して、転居先や荷物の量、ゆっくりと作業をしてもさしつかえないのかどうかなどの状況に合わせて都合が良い方を選ぶとよいでしょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報