引越し業者の口コミから分かる午後の便の落とし穴





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





午後の便の利用は時間に気をつけましょう

引っ越し業者と契約して、営業さんから当日は午後に来ますと業者が言っていたのに、全然来なくて困ったという口コミがあります。

 

13時ぴったりには来ないにしても、14時くらいかと想像していた引越し作業の依頼者だったのですが、結局、引越し業者が来たのは夜になってからだったそうです。

 

実は、引っ越しの金額を見てみると午後は料金が安い傾向があります。

 

これは引越し業者が午前と午後に分けて仕事をしているため、午前の引越しが長引いた場合に午後に遅れとなってくるわけです。

 

そのため、午後の料金は安くなっている場合があるのです。

 

引っ越し業者にはいくつかありますが、午前中は一回目なので開始時間を予約することは可能ですが、午後は確約することができないために、開始時間をあいまいにする傾向があります。

 

引越し業者を利用する場合には、口コミの例から見て午後の利用はちょっと注意した方がいいでしょう。

 

午後もすぐに引っ越し作業に業者が入れる場合には、午前が早く終わったのか午前に仕事がなかったのだと考えていいかもしれません。

 

時間に神経質な人ならば、できるだけ引越しは午前中の最初の便で運んでもらうようにするのが良いでしょう。

 

ほかの引っ越し業者と比較して、ちょっと時間にルーズと言われている業者だったとしても一番最初は時間通りに来れる確率は高くなっています。

 

引っ越し時間でトラブルが起きるのは午後の便が多いようなので、早起きして午前の便で頼みましょう。

 

また、時間にはあまりこだわりがない場合には午後の便にして安く運んでもらうといいでしょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

午後の便が安い理由

引っ越しの料金プランを見てみると、午後の便は午前の便よりも安くなっていることが分かります。

 

ですから、少しでも料金を抑えたい、という方は午後の便を予約してしまうかもしれません。

 

ただし、ここで気をつけたいのは、午後の便が安い理由です。

 

午後の便の料金が安く設定されているのは、時間の確約がないからなのです。

 

午前の引っ越しがある場合、交通事情や作業によって、時間が押してしまうことがあります。

 

そのため、午後の便は時間の確約をしない、つまり何時になるか分からないので、料金が安く設定されているのです。

 

「午後」と言っても、人によって思い浮かべる時間帯は違うものです。

 

基本的には、お昼を過ぎれば午後ということになりますが、1時も午後ですし、夕方でも午後です。

 

午前と言うと、だいたい8時から12時までですが、午後は昼過ぎから夜までとても時間の幅が広くなります。

 

幅が広い分、人それぞれに午後の時間に対しての概念が違うので、これが午後の便の落とし穴と言えます。

 

口コミを見ると分かりますが、午後の便を利用した人は、ほとんどが不満を持っています。

 

いつ来るか分からないので、どこへも行けず、作業も出来なかった。

 

昼過ぎと言っていたのに、結局は夕方に来たので、夜まで作業がかかった。

 

午後の便では、こういった不満の口コミがたくさん見られます。

 

ですから、時間に余裕がある方はともかく、時間通りに作業を進めたいという場合は、多少割高でも午前の便を利用するようにしましょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報