引越し業者に運んでもらえない荷物





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引っ越しでトラブルになりやすいもの

引っ越しを無料見積もりをして頼んだら、当日になって別料金がかかると言われてトラブルになったという口コミがあります。

 

ネットなどで概算見積もりをしていても、案外言い忘れていたりするものが出てきます。

 

その一番が、ペットです。

 

自分たちと一緒に移動できるペットならいいのですが、そうもいかないペットもいます。

 

たとえば魚です。

 

水槽をそのまま移動できないと引っ越しを拒否する場合もあります。

 

移動の際に魚が死んでしまったりしても責任を取れないからです。

 

犬や猫もケージに入れて運んで欲しいと思っていても、生きているものはトラブルを起こさないためにできた標準引越し運送約款で拒絶することができるのです。

 

動物は基本的に別運送を頼むことが多く、空輸することが一般的です。

 

それでも体調に変調をきたす可能性があるので、生きものの運送は引っ越しとは別に考えて別の専門業者に頼むか、オプションで運んでくれるところに任せるのが良いでしょう。

運送を断られてしまう荷物とは?

引っ越し業者に運送を拒絶される可能性のあるモノは、現金や宝石・貴金属、有価証券などの貴重品や火薬や灯油などの危険な物品、不潔なものも挙げられます。

 

また、動物だけでなく植物やピアノ、美術品、骨とう品など特別な管理が必要とされるものや見積もり時に申請されていないもので運送する設備がない場合は拒絶することができるようです。

 

引越しの口コミでは、引越し業者によって運んでもらえる荷物、運んでもらえない荷物があると言っています。

 

トラブルにならないためにも、見積もり時には来てもらった方が良さそうです。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

標準引越運送約款できちんと定められています

引っ越しの荷物は、業者に頼めば何でも運んでもらえるというわけではありません。

 

荷物によって、運送を拒否されることもあります。

 

これは、国土交通省によって標準引越運送約款というものが定められているからです。

 

この、標準引越運送約款では、大きくわけると「業者が運送を拒否出来るもの」と「運んだら違法になるもの」が決められています。

 

運んだら違法になるものに関しては、法律違反というリスクがあるので、どこの業者でも運送拒否されます。

 

ただし、運送を拒否出来るものは、あくまでも業者の任意によるものですから、引っ越し業者によって運送拒否されたりされなかったりする荷物があるのですね。

 

業者が運送を拒否出来るものは、動物や植物です。

 

動物や植物と言うのは、管理が難しいものですし、万が一何かあっても保険が使えません。

 

そして、保険が使えないものでは、貴重品類も挙げられます。ですから、現金や通帳、有価証券や貴金属類、カード類などは拒否されることがあります。

 

また、保険の保証限度額以上の高額な荷物も断られてしまいます。

 

ただし、こういったものは、運送を拒否出来るものとなっているため、中には運送をしてくれる業者もあります。

 

でも、運送してもらう場合には、補償が出来ないということに同意しなくてはいけません。

 

業者側は、保険が効かないものに関しては、ほぼ100%運送を断ります。

 

ですから、補償はしなくても良い、という同意がない限りは、運送出来るとしても拒否されると思っておきましょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報