引越し業者と雨の日の対応





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し当日、雨が降ってしまったら?

引っ越しの予定日を前々から決めていたのだけど、当日は何と嵐になってしまった。

 

なんていう引越しのケースがあります。

 

雨の少ない季節ならあまり心配はしなくても良いかもしれませんが、梅雨の季節に引っ越しを考える人も実は多くあり、よくある問題のケースになっています。

 

ジューンブライドで6月に結婚式を挙げ、その後新居に引越しなんて人もいたりしますよね。

 

●キャンセルについて確認をしておきましょう!

 

引っ越しの際の予約時に、キャンセルはどうなっているかチェックしておくといいでしょう。

 

引越し業者で契約の際に約款をきちんと作ってあるところでは確認ができますが、中には約款は運賃についてのみしか具体的な金額が書かれていない場合もあります。

 

キャンセルをした場合にはどうなるのか引越し業者と確認をしておくといいでしょう。

 

万が一、雨が降った時にはどう対応するか確認をする必要があります。

 

通常、引っ越し業者の予約をキャンセルする時には別途キャンセル料がかかります。

 

雨の日の口コミでもありますが、キャンセルできるのは2日前となっているところが多く、雨でも前日や当日のキャンセルはキャンセル料を請求される場合があります。

 

あらかじめ雨の日について事前に相談をして対策を取るか、天気予報を確認してキャンセルを入れられるように情報収集をしておくといいでしょう。

 

ちょっとした雨くらいなら運搬するのは問題ないという引越し業者は多いです。

 

梱包材で家財を完全に包んだり、毛布やビニールシートをかけて運搬する業者もあります。

 

雨でも濡れないようにするのはなかなか大変ですが、雨天は誰もが思いつくトラブルですから事前対策をしておきましょう。

 

また、雨の日の引っ越し業者の口コミをみて何が問題点になりやすいのか比較してみるといいでしょう。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

急な雨のキャンセルについて調べておきましょう

 

梅雨の時期の引っ越しや、運悪く引っ越しの当日が雨となってしまうというケースは意外と多いようです。

 

では、引っ越し作業をする日に雨になってしまった場合には、どのように対応したらよいのでしょうか?

 

引っ越し業者のトラックは、荷物を運んでいる間に雨が降っても箱型なので荷物が雨に濡れてしまうという心配はいりません。

 

しかし、問題なのは、荷物をトラックまで積み込む時や、新居に到着してから荷物を降ろす際に困ってしまいます。

 

雨の日の対応やキャンセル料などは業者によって異なり、引越標準運送約款を採用する業者の場合には、引っ越し日の2日前までのキャンセルは無料になることもあるようです。

 

万が一急に強い雨が降った時、キャンセルした場合にはキャンセル料がいくらになるのかなど、見積もりの際にはできるだけ詳しく確認しておくとよいでしょう。

 

 

雨でも実行するならこんな対応を!

また、雨の日に濡れてしまうのが心配な荷物ですが、大手の業者ならしっかりと梱包して対策をとってくれるところも多いようです。

 

その際、梱包料が別途かかる場合もあるようですから、あらかじめ確認しておきましょう。

 

荷物を運ぶトラックと玄関の間が遠く距離があるという場合には、雨で荷物が濡れやすいですから、あらかじめ大切な荷物をビニールなどでカバーしておくとよいでしょう。

 

また、ダンボールで荷物を運ぶ時には、なるべく重たいものを避けるようにして、ダンボールが雨に濡れて強度が落ちても大丈夫なように工夫しておくことが大切です。

 

大切な荷物はできるだけ自分で運ぶようにし、大きな荷物はしっかりとカバーをして雨対策をして、よほどの雨でない限りはできるだけ引っ越し当日に作業を行ってしまうと良いでしょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報