引越しするときの自動車やバイクの手続き方法





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





忘れずに車やバイクの手続きをしましょう

これから引っ越しのために、引越し業者を探している方もいると思います。

 

引越しの際に、案外忘れてしまいがちなのが車やバイクの手続きです。

 

1人暮らしの場合ですと、車ではなく原付を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

車やバイクも引越しについては手続きが必要なものとなるので忘れずに行いましょう。

 


 

◎自動車の手続きをする場合

 

まずは、自動車についてご説明したいと思います。

 

基本的には、住所変更しなくとも自動車は利用できます。

 

しかし、この手続きをしておかないと廃車や売却の際に面倒な手続きが必要となってしまうため、前もってやっておいた方が無難です。

 

新しく引っ越す場所が、今まで住んでいた陸運局の管轄と異なる場合には、ナンバープレートも変更しなければなりません。

 

その際には、さまざまな書類が必要となりますが、陸運局で入手できるようになっています。

 


 

◎バイクや原付の手続きをする場合

 

バイクや原付の場合は、車よりも簡単な手続きになります。

 

まず、引っ越し先が同じ市町村内であれば住所変更の手続きが必要ありません。

 

これは、引越しの際に住所変更届を出すと同時に原付やバイクの住所も自動的に変更されるためです。

 

では、市町村外に引っ越しをする時には何が必要になるのでしょうか。

 

手続きの際には、車検証と認め印、自賠責保険証、新しい場所の住民票などが主に必要な書類としては挙げられます。

 

バイクや原付の場合、陸運局に行く必要はなく、引越し先の役場に書類を提出すれば、役所が手続きを行ってくれます。

 

市町村が変われば、ナンバープレートも変わりますので役所で交付してもらってください。

 


 

このように自動車やバイクにも必要な手続きがありますので、特に自動車の場合は引っ越ししてから15日以内と定められていますので早めの行動が必要となるでしょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

引っ越し先で車やバイクが必要かどうかも考えましょう

引っ越しをする場合、車やバイクといった乗り物は基本的に自分で新居まで運転していくということになっています。

 

そのため、移動距離が長いといった理由で業者に運んでもらうためにはオプションサービスを利用することになります。

 

オプションサービスですから当然追加料金を支払うことになり、最低でも数万円の料金がかかると考えておきましょう。

 

家具などの荷物に意識が集中し、車やバイクのことを忘れていた、という方は少なくなりません。

 

オプションサービスを利用するのであれば費用もそれなりにかかりますから見積もりの際に必ず費用は輸送方法などについて確認をとっておく必要があります。

 

また、本当に車やバイクが必要かどうかを考えるということも大切です。

 

転居先でどうしても車がなければならない、という場合ならもちろん輸送してもらうしかありませんがたとえばバイクは趣味で乗っているだけという場合や、転居先は公共交通機関が充実しており車は絶対に必要というわけではないという場合は思い切って手放してしまうという選択肢もあるでしょう。

 

高い費用を支払っても、転居先でまったく乗る機会がなくなってしまったということでは意味がありません。

 

輸送してもらうにはどのくらいの費用がかかるのか、これをしっかりと把握したうえでどうするべきかを考えなければいけないでしょう。

 

特に複数台の車やバイクを所有している場合はその分費用も高くなりますから、全てとは言わないまでもどれか1台に絞るなども考えなければいけないかもしれません。

 


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報