引越しをする前に行う必要がある手続き





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し前に必要な手続きとは?

これから新居へ移動するために、引っ越し業者を探している方もいると思います。

 

業者を探すことはもちろん色々と行う事はありますが、面倒なのはやはり手続きです。

 

引っ越しをする上で必要な手続きは多いので、やり忘れがないようにやることを整理しておくことが大切です。

 

手続きのやり忘れを防ぐには?

 

まず始めに、手続きが必要なものをリストアップしてみましょう。

 

その中から早いうちにやるべきものを挙げていき、順番に並べてみます。

 

そうすることによって、何から始めればよいのかがわかりやすくなると思います。

 

引っ越し前に行う手続きの中で重要なもの

 

1.市役所での手続き

 

まず、始めに行う事は市役所での転出届です。

 

同じ市内での引っ越しであれば、移転届となります。

 

転出届の場合、引越しの2週間前から受付してくれます。

 

国民健康保険に加入している場合は、その時に一緒に手続きをすることとなります。

 

2.ライフラインの手続き

 

引越しの1週間前に必ずやっておきたいのはライフラインの確保です。

 

引っ越し先ですぐに必要となるのが、電気・ガス・水道です。

 

これらは事前に引越し先の管轄地域の各事業所に連絡し、引越し当日から使用できるように連絡する必要があります。

 

また、それと同時に今住んでいる場所のライフラインも止める必要がありますので、開始と中止の連絡はまとめて行った方がやり忘れもなく確実かもしれません。

 

3.郵便物の手続き

 

郵便物の転送以来も郵便局で行って下さい。

 

引っ越し後には、市役所に転入届を2週間以内に提出しなければなりません。

 

ほかにも、何か身の回りのもので住所変更が必要なものがないか自身で確認する事が大切です。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

必要手続きの補足情報

引っ越しに前に済ませておかなければならない手続きというのがいくつかあります。

 

荷造りなどで何かと忙しくなってしまう時期ではありますが、絶対に忘れないように注意をしなければなりません。

 

必要な手続きとしてまずは転出届があります。

 

転出する日までに役所に行って手続きを済ませておく必要があります。

 

この時、印鑑、国民健康保険証、国民年金手帳を持参するのを忘れないようにしましょう。

 

手続きを済ませると転出証明書というものを役所から受け取ることになります。

 

この転出証明書は転入届の際に必要になるとても重要なものです。

 

荷造りの際に紛失してしまうことがないようにしましょう。

 

郵便局で住所変更届を出すことも必要です。

 

この手続を済ませておくことで以前の住所に届いた郵便物を新しい住居へと無料で転送してもらえるようになります。

 

また、電気、ガス、水道会社へも連絡をしておかなければなりません。

 

料金の精算を最後にするわけですが、これは引っ越し当日になることもあります。

 

いつ精算を済ませるのかを連絡した時に確認しておきましょう。

 

現在ではインターネットを利用しているという人も多いと思いますが、こちらも同様に事前に手続きを済ませておくと便利です。

 

インターネットの開設工事は思っているよりも時間がかかる場合がありますので早い段階で手続きを済ませておかなければ長期間インターネットが利用できないということもあります。

 

この他にもお子さんがいる場合には児童手当の手続きや学校が変わるのであれば転校の手続きも必要になります。

 

どんな手続が必要なのかをしっかりと整理しておくことが大切です。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報