引越しの準備と荷造りのココに注意しよう!





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引っ越しの準備と荷造りについて

引っ越しの準備はとても労力と時間がかかるものです。

 

その中でどのようにやると効率よくできるか、先にそろえておくべき梱包資材は?梱包の手順は?など引越しをする前に知っておきたい情報はこちらでチェックして頂きたいと思います。

 

引越しをする時の準備や荷造りはとても大変な物だと言えるでしょう。

 

最も労力と時間がかかってしまう部分ですので、事前にしっかりと準備をしておくとスムーズに事を進めることが出来るでしょう。

 

まずは荷物の不要品処分

先ずは引っ越しをする時の準備として、荷物の処分から初めて下さい。

 

引っ越しの料金を節約する為にも、不要な物とそうではない物とに分けていき、不要な物はどんどん処分していきましょう。

 

本、CD、洋服、家具などリサイクルショップやインターネットオークションで販売することで、思わぬ高値がつくこともあります。

 

荷造り準備

荷物の処分が終わったら、次は荷造りの準備に取りかかります。

 

先ずは、自宅の見取り図を大まかで良いので、用意しておきます。そこで各部屋ごとの荷物の内容を書いていきましょう。

 

例えば、寝室ですとベッド、布団、枕、シーツ、洋服、などのようにどの部屋にどんな荷物があるのかを書き出していきます。

 

荷造りをする時には、同じ部屋の物は纏めて荷造りをしていくようにすると荷ほどきをする時に楽になるので、チェックシートを準備しておくと良いですね。

 

荷造りをする時に必要な物もチェックシート

 

段ボール、緩衝材となる新聞紙、ガムテープ、ビニールテープ、油性ペン、カッターナイフ、はさみ、ビニール袋、輪ゴム、ラップ、工具、掃除用具など代表的なものをあげてみました。

 

段ボールは引っ越し業者によっては無料で提供して貰えることもありますが、個数制限があったりしますので、沢山必要になる時は、コンビニやドラッグストアなどで段ボールを譲って貰うと良いでしょう。

 

出来れば、大中小と大きさ別に用意しておくとなお良しです。

 

荷造りをしていくポイントとしては、普段は使わないものから片づけていくことです。

 

いまは読んでいない本、使っていない食器、季節違いの洋服などは最初に梱包して下さい。

 

梱包する時のコツとしては、重たい物を梱包する時には小さな段ボールに入れるようにしましょう。

 

洋服などかさばってしまうけれど、そこまで重くないものは大きめの段ボールへと梱包して下さい。

 

 

引越しの準備と荷造りのココに注意しよう!エントリー一覧

引越しチェックリストを作ろう!|さまざまな住所変更手続き

これから引越しをするために、引越し業者を利用する方もいると思います。引っ越しには、さまざまな住所変更手続きが必要になります。引っ越し業者によっては、「公共のものは変わって連絡します」というサービスを行っているところもありますが全てではありません。あとで元の住まいの地区まで戻って手続きをするようなこと...

続きを読む

プロバイダーや通信網の手続き〜引越し業者ナビ

これから引越しのために、引越し業者を利用する方もいると思います。引っ越しをするときは、プロバイダーにも住所変更の手続きを行わなければなりません。転居先ですぐにインターネットを利用するためにも、早めに行っておきましょう。ただし、ローカルのインターネットやケーブルテレビなどは、扱っていない地域もあります...

続きを読む

進学や単身赴任のための引越し準備をするとき

進学や単身赴任のための引っ越しは、期間が決まっていることがほとんどなので、家電などが無駄になってしまうのでは・・と悩むところです。●家具や家電について◎お役立ち情報〜その1家具付き・家電付きという賃貸物件も最近は多いのでそれを利用できればいいですが、引越し業者の中には家具・家電のレンタルをしてくれる...

続きを読む

引越し先の準備で必要なこととは?〜引越し業者ナビ

これから引っ越しのために、引越し業者を利用する方もいると思います。◎転居先への準備引っ越し前に転居先に行くことができるなら、まず転居先の様子を確認して、できれば拭き掃除などをしておくといいでしょう。引越しの荷物が入ってしまうとなかなか掃除はできませんし、大きい家具などをどけて掃除するのは大変です。そ...

続きを読む

引越しに必要なダンボールを用意する際のポイント〜引越し業者ナビ

引っ越しの準備をするのに一番必要なのが、ダンボールです。ほかに、食器を包んだり隙間を埋めるための新聞紙、心配な方はプチプチなどの緩衝材、ガムテープ、これらがあれば大丈夫です。梱包用のダンボールは、引越し業者に頼むと別料金を示されていなければ、必要量を持ってきてくれます。見積もりに来る営業さんは、荷物...

続きを読む

引越し業者に渡す間取り図の作り方

転居先の間取り図を用意しておくと、荷物を置いてほしい場所を前もって引越し業者に指定しておけるので便利です。新居が新築の一戸建てなら設計図を用意できますし、中古物件やマンション・アパートなら不動産屋さんに言えば用意してくれます。用意した間取り図には、部屋ごとに番号を振っておきます。転居先の部屋の使い方...

続きを読む

荷物の上手な作り方とコツ〜引越し業者ナビ

荷物の梱包を自分で行う人は、引越し業者に引越しを依頼すると、丈夫な梱包材量を用意してくれるので安全に積み込むためにもできるだけそれを利用しましょう。●割れ物輸送中に箱の中で動かないように一つ一つ新聞紙などでくるんできっちりつめ、箱の内側四方にも新聞紙を重ね入れ緩和剤にしましょう。●本や重いもの本など...

続きを読む

引越しの荷物リストを作ろう!|リストを作るメリットと作り方

引越し業者の予約も済み、引っ越し当日に向けて荷造りをしている方もいると思います。荷物を梱包しながら、何がどこに入っているか荷物のチェックリストを作っておきましょう。これがあれば、開梱するときに、何か一つのものを見つけるためにすべての荷物を開けるという大変な作業がなくなります。転居先の部屋をどう使うか...

続きを読む

引越しの際に出る不用品の引き取り先〜引越し業者ナビ

引越しの準備をしていると、転居先に持っていく必要がないもの、この際新しく買い替えるので不要になるものなどがいくつか出てきます。不要なものまで転居先に持っていくとなると、引っ越し業者にかかる費用も高くなります。●リサイクルショップに持って行こう!まだ使えるものならリサイクルショップに持ち込むのも良い方...

続きを読む

引越し業者とのトラブルを避けるための対処法

消費者センターに寄せられる引越しで一番多いクレームは「引っ越し業者が約束の時間に来ない」という契約不履行だそうです。ほかにも、「荷物や床に傷がついた」 「荷物の紛失」 「附帯サービスのトラブル」 「見積もりと請求額が違う」 「見積もりの量が甘く、トラックに荷物が入らなかった(残りの荷物は自分で運んで...

続きを読む


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報