進学や単身赴任のための引越し準備をするとき





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





進学や単身赴任の引越しに役立つ情報

 

進学や単身赴任のための引っ越しは、期間が決まっていることがほとんどなので、家電などが無駄になってしまうのでは・・と悩むところです。

 

●家具や家電について

 

◎お役立ち情報〜その1

 

家具付き・家電付きという賃貸物件も最近は多いのでそれを利用できればいいですが、引越し業者の中には家具・家電のレンタルをしてくれるところもありますので検討してみましょう。

 

持っていく家財も減るので、引っ越しが大変身軽になります。

 

◎お役立ち情報〜その2

 

新しい家電・家具を購入するときでも、インターネットなどで購入すれば配達料込みになっていることが多く、店頭で購入して引越しの荷物に詰めて…という場合よりお得です。

 

◎お役立ち情報〜その3

 

もちろん店頭でもチェーン店などがあれば、転居先に無料で配送してくれることもありますので、商品を見て選びたい人は店に相談してみましょう。

 

ただ、購入する場合は配送日の指定ができない場合もありますので、事情を説明して必ず引越しに合わせてもらいましょう。

 

できれば、引っ越し日に一気に配送というのが一番便利です。(やってくれる店を選ぶのが一番、便利です。)

 


 

●住民票について

 

進学や単身赴任は、よほどの事情がなければ住民票もうつさないので公的な手続きはほとんどありません。

 

単身赴任者で住宅ローン減税を受けている人は、住民票を移すと居住が条件の減税が受けられなくなりますので注意してください。

 

そして、もし夫が単身赴任をするのに住民票を移すと、妻が世帯主の住民票が作られるので、夫が単身赴任から戻ったときは、妻が世帯主の住民票に組み込まれるようになります。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

必要物をあらかじめリスト化することがおすすめ

進学や単身赴任で引っ越しの準備をする際、最初に確認していただきたいのが最低限生活に必要な物の準備です。

 

家族と離れ一人暮らしをする、寮に入るなど人によって様々な引っ越しが考えられますが、日常的に必要となる物についてはきちんと準備しておかなくてはいけません。

 

もしも自炊をする場合は調理道具や炊飯器などが必要となりますし、例え自炊をしなくても電子レンジや冷蔵庫があると便利です。

 

掃除機、洗濯機、寝具、カーテンなど自宅から持っていくもの、転居後に購入するものをあらかじめリスト化しておくと良いです。

 

衣類などは既に所有しているものを持っていく場合が多いので、すぐに必要がないものは荷造りをして準備をしておきましょう。

 

最寄りの役場で転出届等の手続きを行なうこともおすすめします。

 

「単身者は住民票を移動させなくても良い」という意見もありますが、万が一の時に公的サービスを受けられない可能性もありますのできちんと手続きをしておくことをおすすめします。

 

国民健康保険、国民年金の加入者はこれらの手続きも、印鑑証明についても役場で手続きを行なうことができます。

 

運転免許証をお持ちの方は新住所を管轄している警察署などで住所変更の手続きを行ってください。

 

電気、ガス、水道などのライフラインに申込をしておき、引っ越しをしてきた当日に使用できるように準備しておきましょう。

 

自分宛の郵送物は新住所へ転送されるように郵便局に転送届を提出しておくことをおすすめします。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報