引越し先の準備で必要なこととは?〜引越し業者ナビ





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越しに向けての準備も必要です

これから引っ越しのために、引越し業者を利用する方もいると思います。

 

◎転居先への準備

 

引っ越し前に転居先に行くことができるなら、まず転居先の様子を確認して、できれば拭き掃除などをしておくといいでしょう。

 

引越しの荷物が入ってしまうとなかなか掃除はできませんし、大きい家具などをどけて掃除するのは大変です。

 

そして、賃貸の時はできればその時大家さんに挨拶をしておきましょう。

 

マンションやアパートなら他の部屋の状況なども聞けるかもしれませんし、土地柄で、どこまで挨拶が必要なのかを聞いておけばそのための準備もできます。

 

◎さまざまな手続きの準備

 

そして、引越した後は引越し前と同じ手続きが必要になりますので、心づもりをして、やはりこちらも先にチェックリストを作っておきましょう。

 

まず、転入届、印鑑登録、国民年金、国民健康保険証の交付、子供の転校手続き、福祉関係の手続きなどは、転出の時の逆を行うような形です。

 

さらに、運転免許証や自動車の登録を行わなければなりません。

 

●運転免許証の手続きについて

 

運転免許証の手続きには写真が一枚必要ですが、住所変更は期限がありませんので、落ち着いたら最寄りの更新ができる警察署で手続きをしましょう。

 

ただし、いつまでも変更しないと更新手続きが旧住所に届いてしまい、更新を忘れてしまうことになりかねませんので注意しましょう。

 

●自動車の登録について

 

自動車の登録は、引っ越してから15日以内にという法律があります。

 

また、本来は単身赴任などで住民票が変わっていないときも、現住所として手続きをする必要があります。

 

手続きの詳細は、軽自動車は軽自動車検査協会、普通車や126cc以上のバイクは陸運局へ確認してみましょう。

 

引っ越し業者の中には、こうした諸手続きを代行してくれるところもありますので確認してみると良いでしょう。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

たくさんあるので優先順位をつけてすすめましょう

引っ越し先でも色々準備しておかなければいけないことがたくさんあります。

 

まずは転入届を最寄りの役場に提出して住民票の移動をさせておきましょう。

 

他にも国民年金や国民健康保険、印鑑登録など必要に応じて手続き完了させておく必要があります。

 

また、運転免許証の住所変更手続きも必要になりますので最寄りも警察署などに行き所定の手続きを行ってください。

 

これらは必須というわけではありませんが、住民サービスを受ける際や個人の証明書として使用するなどいざという時に困ることになりますので、できるだけ早めに手続きを完了させるようにしてください。

 

引っ越し先でのライフラインとなる電気、水道、ガスなどの申込手続きも必要です。

 

当日から使うことができるように事前に申込をしておくようにしてください。

 

場合によっては荷物がきちんと運ぶことができない場合がありますので、新居までの道のりをあらかじめ確認しておくのも大切です。

 

例えば道があまりにも狭くてトラックが入れない場合や、マンションなどの高層住宅の場合は大型荷物はクレーン車が必要になる場合もあります。

 

当日になってから追加料金が発生する事態になると困りますので、事前に状況を把握しておくようにしてください。

 

また、新居のどの位置に家具や家電などを設置するのかをあらかじめ決めておくことも忘れないようにしましょう。

 

きちんと設置してしまわなければ自分で後から移動させるのも大変だと思われます。

 

事前に準備しておかなければいけないことはたくさんあって大変ですが、新生活を快適に過ごすためだと思って頑張りましょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報