引越し業者に渡す間取り図の作り方





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





転居先の間取り図を用意しましょう

転居先の間取り図を用意しておくと、荷物を置いてほしい場所を前もって引越し業者に指定しておけるので便利です。

 

新居が新築の一戸建てなら設計図を用意できますし、中古物件やマンション・アパートなら不動産屋さんに言えば用意してくれます。

 

用意した間取り図には、部屋ごとに番号を振っておきます。

 

転居先の部屋の使い方は、転居先を決めたときにおおよそ考えていると思います。

 

大きい家具などは、直接間取り図に置く場所を記入して、荷物を詰めたダンボールは中身を記入するのと一緒に置きたい部屋の番号を振っておきます。

 

その際番号は、必ずすべての面に大きく書いておいてください。

 

荷物は重ねて積み込みますから、どこからでも見えるようになっていれば間違いなく部屋に入れてくれます。

 

できれば、大きな番号表を持って行って、引越し業者より先回りして入口から見えるところに番号を貼っておいたり、見取り図をもう一枚用意して玄関に貼っておくと確実です。

 

荷物の置き場所は決めておきましょう。

置き場所の計画がたっていないと、荷物は一番広い部屋に置かれることになります。

 

大型の家具はどこに置いたらいいか聞いてくれますが、適当に割り振ると、とりあえず置いてもらった家具を後で動かさなければならなくなり、1階で開けた荷物が2階の子供部屋の服だったなどということになったら、その荷物を運ばなければなりません。

 

荷物の行き先さえ決めておけば、引っ越し業者はその通りに運んでくれます。

 

自分で梱包から開梱までやろうと思っている人は、ぜひ準備しておきましょう。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

大きな荷物は寸法に気をつけて設置を検討しましょう

 

引っ越しをする際には新居の間取り図をあらかじめ入手しておき、どの位置に家具や家電を配置してもらうかを決めておくと便利です。

 

当日になってから置く場所を決めていてはスムーズに作業を進めることができません。

 

仮に大きさが合わなくて設置することができないという事態になっては困りますので、事前に準備しておくことを忘れないようにしましょう。

 

間取り図を作る際には事前に不動産業者などに相談をしておくと快く用意してくれますので、早めに受け取るようにしてください。

 

図面を入手することができたら部屋の寸法を確認しながら、家具や大型家電などの配置を決めていきましょう。

 

特に注意していただきたいのが洗濯機、冷蔵庫、テレビ、ソファ、ベッド、エアコン、ストーブ(寒冷地)などです。

 

洗濯機については脱衣場などの状況によってはうまく設置することができない場合がありますし、冷蔵庫についても台所のスペースによっては入りきらない場合もあります。

 

それぞれの大きさを確認しながら、どの位置に設置することができるかを考えながら間取図に書き込んでいきましょう。

 

もしも入るかどうか微妙な大きさだという場合はお見積りの際などに引っ越し業者にあらかじめ相談してください。

 

このようにきちんと間取り図を確認しておけば当日も慌てずにすんなりと荷物を設置してもらうことができます。

 

完成した図面はコピーをして業者に渡しておきましょう。

 

なお、部屋だけではなく道幅や玄関ドアの大きさなども確認しておくと荷物を入れる際に安心です。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報