引越し業者とのトラブルを避けるための対処法





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





トラブルを避けるための対処法

消費者センターに寄せられる引越しで一番多いクレームは「引っ越し業者が約束の時間に来ない」という契約不履行だそうです。

 

ほかにも、「荷物や床に傷がついた」 「荷物の紛失」 「附帯サービスのトラブル」 「見積もりと請求額が違う」 「見積もりの量が甘く、トラックに荷物が入らなかった(残りの荷物は自分で運んでいる)」など…本当に迷惑なトラブルです。

 

自分ではどうしようもないことがほとんどかもしれませんが、できるだけ引越し業者とのトラブルに合わないために対処しましょう。

 

●約束の時間に来ない!〜その対処法は?

 

「約束の時間に来ない」というのは、やはり混み合う時期に多いようです。

 

本当はそれを避けるのが一番ですが、引っ越さなければならないのなら仕方ありません。

 

できるだけ朝一番に来てもらえる日を選びましょう。

 

●破損〜その対処法は?

 

「荷物や床に傷がついた」は、本当に困りますね。

 

新築の家に引っ越す人が床や壁に傷をつけられたら、直してくれたとしてもがっかりです。

 

引越し業者の作業中は、そばを離れないようにして、大きい家具・家電などはきちんと梱包されていなければ運び込まないよう、毅然とした態度を取るのが必要です。

 

●荷物の紛失〜その対処法は?

 

「荷物の紛失」は、荷物にナンバーを振っておいて到着したらすぐに確認しましょう。

 

●サービストラブル〜その対処法は?

 

「おまかせパック」を頼んだら、バッグや靴を無理に突っ込んだので傷や折れ目がついていたというクレームもありました。

 

やはり大切なものは自分で詰めたほうがよさそうですね。

 

これらはすべて、引越し業者との信頼関係がないために持ち込まれた相談です。

 

トラブルを避けるとは、トラブルにきちんとした対応をしてくれる引っ越し業者を選ぶことかもしれません。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

よくあるトラブルと防ぐための準備

引っ越し業者との間でトラブルが起こらないようにするためにはどのような対処法をとるべきなのか考えてみましょう。

 

引っ越しの際に業者との間でトラブルが発生したという報告も少なくありません。

 

よくある事例としては、荷物が破損したり紛失したということです。

 

荷物の梱包や搬送の際には業者も細心の注意を払って作業にあたっていますが、どんなに注意をしていても間違いが起こってしまうことも考えられます。

 

家具などに傷がついてしまったり、荷物が紛失した場合には3ヶ月以内に業者に連絡をして損害賠償請求をすることができます。

 

ただし賠償額については購入時の全額が対象となるのではなく、時価での金額となることをあらかじめご了承ください。

 

見積をした金額と実際に請求されて金額が違うというトラブルもよく起こります。

 

見積をした段階では運ぶ予定ではなかった大型家具が増えたため予定通り荷物を運ぶことができなかったなどの場合は当初の見積額より高く請求されてしまいます。

 

逆に、当初の予定より作業員が少なかった、トラックの到着時間が遅れてしまい新居への到着時間も遅れたなどの場合は当初の見積額よりも減額してもらうことができます。

 

必ずしも見積通りにはいかない場合が多く臨機応変に対応するためにも、当日は業者の責任者に確認をとるようにしてください。

 

気持良く引っ越しを終えるためにも、トラブルを防ぐための準備をしておくことが大切です。

 

しっかりと業者と打ち合わせをしておくことで無用なトラブルを避けることができます。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報