引越し見積もりの書類を作成するときの注意点





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業者選びには注意が必要です

引越しが決まったら、まずは引越し業者を考える必要があります。

 

今は引っ越し業者がたくさんありますから、その中からどこを利用しようか迷うという方も多いと思います。

 

引っ越し後に「あそこに、しなければよかった」なんてことにならないためにも業者選びには注意が必要となります。

引越しの見積書はしっかり確認しましょう

では、引っ越し後のトラブルを防ぐための見積りの際の注意点をご紹介しましょう。

 

引越しが決まったら、まずは数社での引越し見積りをしてもらうことになると思います。

 

実は、この見積書にもトラブルに発展してしまうケースがあります。

 

見積りを依頼した方にとっては、当然渡された書類は「見積書」だと思い込んでしまいますよね。

 

しかし、中には「契約書」だったなんてケースがあります。

 

もちろん、何も問題なく引っ越し作業が行われる場合には、見積書でも契約書でも問題はありません。

 

しかし、中には別の引越し業者に変更したいという方や引越しは中止になったという方もいるでしょう。

 

そんな場合、契約書を渡されていた場合にはキャンセル料が発生する可能性があります。

 

そのため、実際に荷物を見てもらい書類を作成する場合には、その書類は見積書になっているか、契約書になっているのか確認することが大切となります。

 

まだ、どの引っ越し業者に見積りをしてもらおうか迷っているという方は、まずはインターネットの一括見積りなどを利用して複数業者からの見積りを取るようにしましょう。

 

インターネット上であれば気軽に利用することができます。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

引越し見積もりの書類を作成するときの注意点関連ページ

引越し業者のトラックと作業員
引越し見積りでは時間についても確認すべきです

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報