引越し業者のトラックの大きさや作業員の人数で注意すること





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





トラックの大きさや作業員の人数には注意が必要です

これから、引越しを予定しているという方もいると思います。

 

しかし、その引っ越しの内容は人によってはさまざまです。

 

ご家族で引越しをするという場合には、荷物の量もかなり多くなります。

 

逆に単身で引っ越しをする場合には、荷物は少ないという方も多いでしょう。

 

このように、引越しは人によって内容が異なることになります。

 

そのため、これから引っ越し見積りを依頼しようと考えている方は、トラックの大きさや作業員の人数など十分に注意が必要となります。

どんなことに注意が必要か?

引越し業者からの見積書に書かれているトラックの大きさで、荷物は全て積むことができるのか、作業員の人数は十分かしっかりと確認しましょう。

 

中には、見積書の条件欄に積みきりと書かれている場合があります。

 

この積みきりとは、トラックに荷物を積めるだけの量を積むということになりますので、万が一トラックに荷物が全て積めない場合には追加費用が発生する可能性があります。

 

特に荷物が多いという方は、この積みきりには注意が必要です。

 

場合によっては、かなりの割高となってしまうことがありますので、見積書の段階で引っ越し業者に確認する必要があります。

 

見積りを取ってしまうと、そこで安心してしまい内容を十分に確認しないという方も多いと思いますが、引越し後にトラブルにならないためにも見積書の内容はしっかりと確認するようにしましょう。

 

せっかく見積り費用が安いからと選んだ引っ越し業者なのに、後々追加費用が発生してしまっては意味がありませんからね。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

引っ越し業者任せではダメです

引っ越しをする際、業者は見積もりの段階で必要なトラックの数や人員を計算します。

 

プロが計算したのだから問題ないだろうと安心するのは危険です。

 

当日、実際に荷物を運び出してみてトラックが足りなかったということになれば追加でトラックを利用しなければならず、これには追加料金がかかってしまうことがあります。

 

そうなれば予定していた料金よりも高くなってしまうということになり、トラブルの原因にもなります。

 

逆に予定よりも少ない数のトラックで荷物を全て運べるとなればこれもまた余計な出費となってしまいます。

 

人員についても同じで、必要以上の人員は無駄なだけですし、人員が足りなければ作業がスムーズに進まず時間がかかってしまいます。

 

見積もりに書かれたトラックの数や人員が適切なのかどうか、これは必ず業者に確認をしておく必要があります。

 

もし多すぎる、もしくは少なすぎると感じるのであればそのことを業者に伝え、再検討してもらうようにしましょう。

 

ここで注意が必要なのが必要な荷物の量を正確に把握しておくということです。

 

たとえば、当日になって必要な荷物の量が増えてしまったなんてことになれば業者としても事前に対応することができないわけですから自分の責任ということになってしまいます。

 

正確な情報がなければ業者も正確な見積もりを出すことができませんから、事前にどのくらいの荷物を運ぶことになるのかは自分でしっかりと調べておきましょう。

 

でなければ当日に困ってしまうことになるかもしれません。

引越し業者のトラックの大きさや作業員の人数で注意すること関連ページ

引越し見積もりの書類を作成するときの注意点
引越し見積りでは時間についても確認すべきです

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報