悪徳引越し業者を見抜く方法





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業者による訪問見積りは大切です

引っ越し業者による訪問見積りを、これから依頼しようと考えている方もいると思います。

 

実際の荷物の量などをみて、見積りを行うことになりますので、実際に必要となる費用が分かり安心して引越しを依頼することができます。

 

後々、引っ越し費用についてのトラブルを防ぐことにもなりますので、訪問見積りは大切です。

 

また、悪徳引越し業者などを見抜くこともできますので、やはり訪問見積りは行った方が良いでしょう。

悪徳引越し業者を見抜く方法とは?

実は、この悪徳引越し業者を見抜く方法のひとつに、引越し業者のトラックのナンバープレートの色で見抜くことができるという事はご存知でしょうか。

 

通常、引っ越し業者では、一般貨物自動車運送事業者用の緑色のプレートか、貨物軽自動車運送業事業者用の黒色のプレートがついた車を使用していることになります。

 

そのため、黄色のプレートや白のプレートのついたトラックを利用している場合には、陸運局での許可を取っていない業者ということになります。

 

白プレートの中には許可を取っているところもありますので、許可証を保持しているでしょう。

 

このように、トラックのナンバーの色でチェックできるというのはご存知なかった方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、訪問見積りの際にはトラックで来ることもないでしょうから、ナンバーを確認できるのは引越し当日にならないと分からないかもしれません。

 

そのため、訪問見積りの際に利用しているトラックなどを確認するというのも、悪徳引っ越し業者かどうか確認する方法のひとつとなるかもしれません。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

こんな対応をする業者は疑うべき

 

最近は引っ越しに伴い不当に高額な料金を請求するなどの悪徳引っ越し業者が存在していると言われています。

 

このような業者に引っかからないようにするためにも、きちんと相手を見抜く方法を知っておきましょう。

 

悪徳業者の手口としては、とにかく自社が他社よりもずっと有利なことをアピールします。

 

費用がとにかく安いことをアピールしているので契約したものの、見積時よりも作業員を少なくして人件費を削減しようとしたりして「質の悪い引っ越し」を平気で行おうとします。

 

また、とにかく急いで契約させようとするのでお客様に検討の余地を与えないことも特徴的です。

 

見積を依頼した段階で荷物を確認してもらうだけのつもりだったのにしつこく正式な契約を迫るという場合もありますので、なかなか帰ってくれない場合は警察を呼ぶくらいの覚悟で対応しましょう。

 

このような事例がなく、安心して任せることができそうだと判断できてもまだ安心はできません。

 

契約時に手付金や内金としてお金を請求する業者は要注意です。

 

本来であればこれらのお金は払う必要がないものなので注意してください。

 

また、キャンセル料については当初の予定日の当日と前日以外は必要ありません。

 

2日前までに連絡をキャンセルの連絡をしておけば料金はかかりませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

当日に追加料金が発生することも珍しくありません。

 

ただどんな場合に追加料金がかかるのかということを事前に確認しておくことは大切です。

 

悪徳業者はここにつけこんで余計な料金を徴収しようとしますので、しっかりと打ち合わせをすることが必要です。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報