引っ越し業者利用時の注意点





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引っ越し業者に内金や手付金は払うものなのでしょうか?

引っ越しを行う際には、さまざまな費用がかかります。

 

そのため、少しでも引越し費用を抑えたいと考えている方も多いと思います。

 

引越し費用を比較しようと、引越し見積り一括査定を利用している方も多いでしょう。

 

その後、いくつか絞った引っ越し業者に、実際に荷物を見て見積りをしてもらおうと、訪問見積りを利用することになると思います。

 

実は、この訪問見積りの際に、内金や手付金などといって、お金を請求する業者があります。

 

中には、「この日は混んでいるから、とりあえず押さえておいた方が良いですよ」などと言って、請求してくる業者もあります。

 

何も知らない、私たちにとっては、そう言われると「そんなもんかなぁ」と、疑いもせずに支払ってしまいます。

 

しかし、こういった行為は、国土交通省が定めている標準引越運送約款では禁止されている行為となります。

 

引っ越し業者によっては、他の業者にお客を取られたくないという思いから、キャンセルがしにくい状況を作っていると考えられます。

 

しかし、中には引っ越し料金の前払いという理由での支払いの場合には、違法とはなりません。

 

訪問見積りの際に、何らかの請求をされた場合には、まずはその請求内容はどういったものなのか確認する必要があります。

 

もちろん、手付金や予約金、仮契約金などという内容の場合には、悪徳引っ越し業者である可能性が高くなりますので、そういった業者は利用しないようにしましょう。

 

どんなに安い費用でも、引っ越し後にトラブルとなる可能性があります。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

 

多くの業者は標準引越運送約款に基づいて活動中

引っ越し業者の中には内金や手付金を請求してくるというケースがあると言われています。

 

果たして本当にこれらのお金を支払う必要があるものなのでしょうか。

 

本来であれば業者に内金や手付金を支払う必要はありません。

 

引っ越しに必要となる費用については後払いとなりますので、手付金などを請求されても支払う必要がないことを覚えておきましょう。

 

多くの業者は「標準引越運送約款」を導入しており、これに基いて営業活動を行っています。

 

約款の中でも内金や手付金を請求しないことを明記していますので、通常は請求されることがないのです。

 

万が一内金や手付金を請求されるようであれば、その業者は悪徳業者であると判断することができますので契約をしないようにしてください。

 

内金や手付金を請求されてしまうと素直に支払ってしまうという方が多いですが、毅然とした態度で断るようにすることが大切です。

 

ただし、見積もり時に下見をしてくれた際に必要となった費用については請求される場合もあります。

 

ほとんどの業者は無料で見積もりをしていますが、稀に下見に要した費用は請求する業者も存在しています。

 

見積もりを依頼する前にあらかじめ確認しておくと未然にトラブルを避けることができますので、必ずご確認ください。

 

なお、キャンセルに伴う手数料については引っ越し前日と当日にだけ発生してしまいます。

 

2日前までに連絡をしておけばキャンセル料は必要ありませんので、もしも急に予定が変更される場合は早めに連絡を入れましょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報