悪徳な引越し業者に引っかからないために





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越業者を選ぶときの注意点とは?

 

引越しを何度も行っている人は、引っ越し業者の善し悪しを見分けることができるかもしれません。

 

でも、引っ越しを何度も経験していると言う人はそんなに多くはないでしょう。

 

業者の中には、悪徳引越し業者と言われる会社もいくつかあるようです。

 

そのような会社を選ばないように、選ぶ際の注意点について頭に入れておくといいと思います。

 

必ず訪問見積もりをしてもらいましょう。

引越し見積もりの際には、必ずしっかりと訪問見積もりをしてもらいます。

 

電話やネットの見積もりのみで、安い料金を提示されて引越し業者を決めてしまったり、見積もり料金の内訳が明確でない場合、あとで追加料金が発生することがあります。

 

無料で付けられると思っていたサービスが、実はオプションサービスで、別料金が発生するということもあります。

 

結局は他業者よりも高額な料金となってしまうこともありますので、見積もり料金での判断は慎重に行いましょう。

「標準引越し運送約款」を提示してもらいましょう。

見積もりの際に、「標準引越し運送約款」をきちんと提示してくれる引越し業者を選びましょう。

 

これは原則、一般家庭の引っ越しを対象に国土交通省が定めたもので、それに則って業務を行っているという証拠となります。

 

それには、引越しのキャンセルについて、見積もりは無料であること、料金は原則後払い制、破損や紛失について、手付金や予約金は不要であることなどが書かれています。

 

これに違反して運営を行っている引っ越し業者もありますので、注意しましょう。

 

引っ越しの前に、前金や予約金を請求してくる引っ越し業者もいますが、定められた約款に違反している悪徳引越し業者だと言えるでしょう。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

正規の業者かどうかを見極めるポイント

転居する時に気を付けたいのが業者選びです。

 

中には悪徳な業者もいるので料金だけで比較するのではなく、その業者が信用できる会社かどうかもきちんと見極める事が必要です。

 

悪徳な業者に引っかからないために、いくつかポイントに注意して選びましょう。

 

まず一つ目のポイントは、正規の業者かどうかを見極めます。

 

見極める方法は、見積書に国土交通省の認可番号が記載されているかどうか、そしてトラックのナンバープレートが緑色や黒である事です。

 

また、見積書がきちんとしているかというのも良い業者を見分けるポイントです。

 

例えば細かい料金の明細が無い場合は、トラブルに発展してしまう事もあります。

 

後から法外な料金を請求されたというような、トラブルは実際に起きていますから、見積書を見ればどんなサービスやオプションがついているのかがわかる、また、作業員は何人付いているかなど細かく記載しているような業者を選ぶようにしましょう。

 

引っ越し業者の中には、手付金などとして事前にお金を要求するようなところもあるようです。

 

正規の業者では、手付金や予約金などと言って事前にお金を請求する事はまずありません。

 

おかしいなと思う業者には注意する事が大切です。

 

また、実際の見積もりの時の態度や電話応対がしっかりできていないようなところは、社員教育も熱心ではないところですから満足度は低いと判断しても良いでしょう。

 

以上のポイントに注意して引っ越し業者を選ぶ事をおすすめします。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報