引越し業者の料金は値切れるのか?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業者と値引き交渉をしてみましょう

引っ越しをすると、いろいろなところで出費があります。

 

ですから、できるだけ出費を抑えようと考える人は多くいると思います。

 

そう考える人の中には、自分の友達や身内に手伝ってもらい、トラックだけチャーターして、自分たちで運んでしまおうと考える人も多いのではないでしょうか。

 

でも、手伝ってくれた人へのお礼に対する出費、トラックのチャーター代や手間の事を考えると、引っ越し業者に引越しを依頼した方がいいと言う人も多くいます。

 

結果的には、その方が得策だと考える人も多いです。

 

もし、引越し業者に引っ越しの仕事を依頼するのなら、できるだけ安い方が良いに決まっています。

 

複数社から見積もりをとった場合、各引っ越し業者からの見積り料金を見てみると、それぞれ料金にはバラつきがあることでしょう。

 

その中で、安い引越し業者に・・・と考えるのではなく、引っ越し業者に希望金額をぶつけてみてはいかがでしょう。

値引き交渉に応じてもらうには?

一番手っ取り早いのは、他の引越し業者が出した安い見積もり額を見せることです。

 

他の業者でこのような安い金額で見積ってくれている業者がいるということを伝えると、それに合わせて料金を下げてくれる可能性が高いです。

 

どこの業者でも、他の業者には顧客をとられることを嫌うでしょうし、自社で引越し業務の依頼を受けたいと思うことは、どの引っ越し業者でも一緒だと思います。

 

価格を下げてでも、顧客を獲得しようと考えるでしょう。

 

値引き交渉に応じてもらいやすい場合

 

●引っ越しの日時や時間帯を業者に任せるフリー便

 

●引越し業者の繁忙期を避けた時期

 

●引越し料金の高い土日・祝祭日避けた曜日

 

に合わせて値引き交渉をすると応じてもらえることが多いです。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

値切る前に業者の比較もしましょう

 

引っ越しをすると、とにかくお金がかかります。

 

新居に合わせて、家具やインテリア用品を買い換える方も多いでしょう。

 

これを機会に、古い家電製品は処分して、新しいものに買い換えてしまうこともあるでしょう。

 

今までにお世話になった方、新居の周りの方への挨拶も必要になります。

 

また、引っ越しの前後の食事は外で済ませることも多いと思います。

 

だからこそ、引っ越し業者にかかる料金は、少しでも安い方が良いですよね。

 

まず、結論から言うと、引っ越し業者の料金は値切る事が出来ます。

 

業者が提示する料金には、いろんなものが含まれていますし、当然利益が上乗せされています。

 

ですから、無料でサービス出来るものもあるでしょうし、利益を少し下げてもらえば、料金も下がります。

 

値切り方はいろいろありますが、一番効果的なのは、複数の業者から見積もりを取ることです。

 

1社にだけ見積もりを依頼していない、となると、業者側としては競合相手がいないので、普通の料金を提示してきます。

 

でも、複数の業者との競合ともなれば、やはり少しでも安くして自社を利用してもらおうとします。

 

その際、「もっと安いところがある」ということを伝えれば、料金を安くしてもらうことが出来ます。

 

ただし、繁盛期だったり、土日祝日だと値引きは難しいかもしれません。

 

利用者が多い時期は、安くする必要がないので、業者側もあまり値引きはしないのです。

 

ですから、料金を値切りたい場合には、出来るだけ利用者が少ない時期を狙って引っ越しをするようにしましょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報