引越し料金と荷物の量の関係を知ろう!





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し料金と荷物の量の関係とは?

引越し業者の料金が決まる要素として重要なものの一つに、荷物の量があります。

 

荷物の量が変わることによって、トラックの大きさと作業スタッフの人数が変わります。

 

同じ一人暮らしでも、荷物の少ない人と荷物の多い人がいますから、その量の違いで引っ越し料金に差が出てきます。

 

トラックの大きさ

 

軽トラック、1トン、1.5トン、2トンショート、2トンロング、3トン、4トンなどの大きさの種類が揃っていて、大きくなるほど引越し料金の相場は高くなります。

 

トラックが1トン大きくなれば、だいたい1万円〜2万円料金が上がると言われていますから、トラックの大きさができるだけ小さくて済むようにした方がいいのです。

 

トラックの大きさの目安

 

・一人暮らしの場合は、2トンショート程度が使われることが多いです。

 

・家族での引っ越しの場合は、3トン程度

 

・荷物の多い家族だと、4トン程度が必要になります。

 

作業員の人数の目安

 

・軽トラック ・1トン・1.5トン=1人〜2人

 

・2トンショート=2人

 

・2トンロング・3トン=3人

 

・4トン=4人となります。

 

引っ越し業者の作業員が増えれば、それだけ人件費がかかるため、実費として引越し料金に加えられて計算されます。

 

引越し料金をできるだけ抑えようと思うのなら、引っ越し前に処分できるものは処分し、なるべく荷物を減らす努力をしましょう。

 

一人暮らしで荷物がそんなにない場合、衣類などの細かい荷物は自分で運び、自分では運ぶことができない大型の家具や家電のみを引越し業者に依頼するというプランもあります。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

 

料金と荷物の量は比例している

引越し料金の一番の決めてともなるのが、荷物の量です。

 

当たり前のことですが、荷物の量が多くなればなるほど、それに比例して料金も高くなっていきます。

 

逆に言うと、どんなに大家族でも、荷物の量が少なければ、単身の引っ越し料金と同じぐらいしかかからないこともあるのです。

 

荷物の量が多くて引越し料金が高くなるのは、まずトラックの大きさや台数が関わってくるからです。

 

業者では、軽トラック、1トン、1.5トン、2トン(ショート・ロング)、3トン、最大で4トンのトラックが揃っています。

 

台数を少なくしようとすれば、大きいトラックが必要になります。ただ、大きいトラックはそれなりに料金も高くなります。

 

基本的に、1トン大きくなるごとに、1万円から2万円がプラス料金でかかってきます。

 

ですから、出来るだけ小さいトラックで運べるように、荷物の量を少なくする工夫が必要になるのですね。

 

また、トラックが大きくなると、それだけ荷物が多いということになるため、作業員の数も増えます。

 

すると、それだけ人件費がかさむことになるので、やはり料金に反映されてしまいます。

 

一般的には、2トンのトラックなら2人、3トンのトラックなら3人となっています。

 

この点も、抑えることが出来れば、費用の節約になりますね。

 

引っ越し料金と荷物の量は比例しているので、荷物の量を減らすのはもちろん、自分たちで出来ることはやるようにしましょう。

 

また、マイカーがある場合は、自分で運べるものは運ぶ、とすれば、荷物の量が多かったとしても費用を抑える事が出来ます。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報