引越し業者によって変わる料金の仕組み





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し料金の仕組みについて知りましょう

いくつかの引越し業者から見積もりをとると分かりますが、引越しの料金は引越し業者により差があります。

 

場合によっては、「なぜこんなにも違うの?」と疑問に思う程大きな差が出る事もあります。

 

その引っ越し料金は、ほとんどの会社が「基礎運賃」+「実費」+「オプションサービス料」=引っ越し料金の計算式に基づいて算出しています。

 

◎基礎運賃について

 

国土交通省によって定められた、または届出が必要な引っ越し約款に基づいているものです。

 

国によって定められた作業内容によって、この金額が決まるので、法外な料金になることはありません。

 

時間制と距離制があります。

 

・時間制・・・「4時間」または「8時間」の基礎時間があり、これを越えると1時間ごとに追加料金が発生する仕組みとなっています。

 

・距離制・・・「100km」 「軽貨物輸送業者30km」の基礎距離があり、これを越えると追加料金が発生する仕組みとなっています。

 

◎実費について

 

実際にかかった費用が算出されます。

 

引越し作業を行うスタッフの人件費、梱包資材の費用、有料道路やフェリーの乗船料金がこれに相当します。

 

◎オプションサービス料について

 

有料のオプションサービスを利用した場合にかかる費用です。

 

主なものとして、荷造り・荷ほどき、エアコンや照明器具の取り付け・取り外しなど電気関係の事、ハウスクリーニング、ペットや車、バイク、ピアノなど、生き物や特殊な物の輸送、不用品の処分などが、引っ越し業者各社が提供している主なオプションサービスとして挙げられます。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

 

料金の仕組みについて再確認しましょう

 

料金と言うのは、当たり前ですが引っ越し業者によって違います。

 

ただ、いくら違うからといって、見積もりを出してもらった料金で納得出来る、ということではないものです。

 

やはり、それ相応の相場から、適正な価格なのか、もっと割引が出来ないのかなどを検討しなくてはいけません。

 

そのためには、まず料金の仕組みがどうなっているかを把握することが大切になります。

 

基本的な料金の仕組みは、基本料金と実費とオプションサービスの3つから成り立っています。

 

まず基本料金ですが、これは、時間制と距離制の2種類に分かれています。

 

新居の距離が100km以内だったら時間制になり、100km以上だと距離制となります。

 

時間制の場合だと、4時間以内と4時間以上から8時間以内の2構成になっていて、それを超える場合、1時間ゴトに追加料金が発生します。

 

距離制の場合だと、100kmを超えると、10kmごとに料金が加算されます。

 

この基本料金は、国土交通省によって決められているので、業者によって差が出るとしても少額です。

 

料金の中で一番ウエイトが重いのが実費です。

 

梱包などの資材費、人件費、作業代などが実費になりますが、これが一番節約(割引)が出来る部分になります。

 

最後のオプションサービスは、不用品の処分や電化製品の取り付けなどです。

 

これも、自分の努力次第でどうにか出来る部分と言えるでしょう。

 

そして、この他に、曜日や時期、時間帯などでも料金は変わってきます。

 

見積もりを取ったら、これらの点を考慮して、適正価格なのか、割引出来る幅はあるのかをチェックしましょう。

 

トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報