時間帯と曜日で変わる引越し業者の料金





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





時間帯・曜日で変わる料金の仕組みとは?

引越しの料金は、時期が同じでも、曜日が異なると料金も変わります。

 

曜日による料金の仕組み

 

引っ越しの依頼が多くあるのは、平日よりも仕事が休みの土・日や祝日です。

 

ですから土・日・祝日は、料金が高くなる傾向にあり、平日の引越しは値引きを行う引っ越し業者が多いです。

 

また、次の日が休みの平日、祝日の前日や金曜日も割と引っ越しの依頼が増える曜日です。

 

月の中でも変わる料金の仕組み

 

月の中では、20日より前の方が引っ越しの件数が少ない傾向にあります。

 

賃貸住宅の家賃が月末まですでに支払われているので、家賃を無駄にしないために なるべくギリギリまでそこに住み、月末に退去した方が家賃を損しないと考える人が多いためです。

 

20日以降から月末までが多い傾向にありますので、料金も20日以降の月末の方が引越し料金は高くなっています。

 

時間帯による料金の仕組み

 

引っ越しをする時間帯は、午後よりも午前中の方が人気です。

 

1日のうちで安い時間帯を選ぶのなら、午後や夕方がいいです。

 

その他の料金について

 

・時間帯フリー

 

時間帯を指定せずに、引っ越し業者の都合に合わせた時間に引越し作業が行われるため、午後よりもお得な料金となっていることが多いです。

 

・夜や深夜

 

割増料金がかかりますから、引っ越しの依頼を行う人が少なくても何割か高くなります。

 

・大安

 

引っ越しは、大安に行うほうが縁起がいいと昔から言われています。

 

そのため、大安の日は引越しの依頼が比較的多い日になっていて、平日でも引越し料金の割引を行っていないという引越し業者もあります。

 

大安吉日などの言い伝えを気にしないと言う人は、それを避けて引越しの日取りを決めた方が引越し料金が安くなることもあります。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報