単身引越しの料金はどのくらいかかる?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





単身者の引越し費用の相場

一人暮らしの人が引越しをする場合や、単身赴任をする人が一人で家を出て暮らす際の引越しの場合など、単身での引越しは荷物も少ないことがほとんどですから、引越し業者にかかる料金も家族での引越しに比べるとずっと安いことが多いです。

 

荷物が少ないと、作業スタッフの人数も少なくて済むし、トラックの大きさも小さくて済みます。

 

とくに単身赴任の場合の引っ越しは、家具もほとんどないことが多いので料金は安くなります。

 

ただ、引っ越し先が遠方であれば、料金はそれだけアップするし、高速道路やフェリーを利用しての移動となると、その交通費が実費として引越し料金に上乗せされます。

 

単身での引っ越しの場合は、トラックは軽トラックや2トントラックで足りるでしょう。

 

作業スタッフの人数は2人いれば十分で、大型の荷物の大きさ・数によっては1人でも足りることもあります。

 

近距離であれば、安くても2万円から、高くても6万円くらいまででしょう。

 

長距離だと、6万円〜20万円ほどになるでしょう。

 

そのほか、引っ越し業者にエアコンの取りつけ・取り外しなどのオプションサービスを頼んだ場合は、その追加料金がかかります。

 

単身者用の住居は出入り口が狭かったり、上の階への引っ越しにエレベーターが無かったりする場合もあります。

 

出入り口が狭くて大きな物が入らなかった場合、クレーンによるつり上げの可能性もあります。

 

そのような場合や、エレベータ−がなくて階段での上げ下ろしがある場合には、追加料金が発生します。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

荷物量がポイントです

単身にしても家族にしても、引っ越しにはいろいろな条件があるものの、とにかく料金を決定するのは荷物の量です。

 

つまり、単身だからと言って、一概に料金が安いということはないのですね。

 

荷物の量が少なければ、料金は安くなります。

 

そして、当然荷物の量が多くなれば、料金も高くなります。

 

荷物の量によって料金に変動があるのは、稼働させるトラックが変わるからです。

 

1トントラックを稼働させるのと、3トントラックを稼働させるのでは、当たり前ですが料金が変わります。

 

ですから、単身であっても荷物の量が多ければ多いほど、トラックも大きいものが必要になるので、料金は高くなります。

 

もちろん、料金は距離や日程なども関係してきますが、荷物の量のウエイトが一番大きいのです。

 

だったら、単身引っ越しパックを使えばいいのでは、と思うかもしれません。

 

でも、このプランでは、それ専用のボックスを利用します。

 

荷物が収まりきらないと、専用のボックスを追加するので、料金はその分高くなります。

 

ですから、普通のプランの方が安上がりだったりすることもあるのです。

 

単身パックの料金はどのくらかかるのか、と言うのは、簡単に言ってしまうと30000円程度です。

 

ただし、この料金は、このプランで決まっている荷物量が収まりきる場合の料金です。

 

つまり、一概に30000円が相場とも言えませんし、これを基準と考えてしまうのも無理があるでしょう。

 

料金がどのくらいかというのは、運んでもらう荷物の量を計算して、それを元に見積もりを出してもらうのがベストです。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報