海外引越しサービスの内容と引越し業者紹介





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





国内にも海外引越しサービスを扱う会社があります。

海外への転勤や海外留学、国際結婚による海外移住など、日本国内から海外へ移り住む人もいることでしょう。

 

海外への引越しは、国内の引越しとはわけが違います。

 

国内への引越しは経験したことのある人でも、海外への引越しは初めてという人がほとんどだと思います。

 

海外への引っ越し、海外から国内への引っ越し、または海外から海外への引っ越しを請け負う海外引っ越しの専門業者がいくつかあります。

 

また、大手の引越し業者で主に国内の引っ越しを扱っている業者でも、海外引越しサービスを行っている会社があります。

海外引越しサービスを提供する業者とは?

国内の大手引越し業者で、海外引っ越しサービスを行っている業者を挙げてみます。

 

日本通運

 

引っ越し業者国内最大手の日本通運では、船便また航空便での引っ越しで、さまざまな荷物の量に合わせて海外向けの引越しプランが用意されています。

 

世界38カ国、214都市のネットワークを活かした海外引越しのトータルサービスがあります。

 

クロネコヤマト引越センター

 

宅急便で有名なクロネコヤマトの引っ越し専門業者で、売上高では業界2位のクロネコヤマト引越センターでは、用途に合わせ、船便・航空便を含めた5つのプランが用意されています。

 

アート引越センター

 

顧客満足度の高いアート引越センターでは、お客様の予算と都合に合わせた引っ越しサービスが提供されています。

 

海外への引っ越しは、税関などの面倒な手続きが必要になりますが、そのような荷物の手続きも、これらの引越し業者で行ってくれるサービスがあります。

 

国内でも評判の高い引っ越し業者であれば、海外引越しも安心して任せられるのではないでしょうか。

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

サービスの内容と業者選びのポイント

グローバル社会も定着してきて、日本から海外に赴任したり、留学をする方も年々増えています。

 

生活の拠点を海外にするとなると、当然ですが引っ越し作業が必要になってきます。

 

でも、最近は、引っ越し業者でも海外へ移りす住むためのサービスを取り扱っているので、それを利用すれば手軽に海外へ引っ越す事が出来ます。

 

サービスの内容は、業者によってさまざまですが、基本的にはフルパックかセルフパックの2種類になります。

 

フルパックと言うのは、希望した日時に業者が梱包してくれて、発送作業まで行ってくれます。

 

セルフパックは、自分で梱包を行い、それを指定日に業者が引取りに来て発送します。

 

輸送は、船便と航空便になりますが、これは国によって変わってきます。

 

でも、海外引っ越しの場合、単に荷物を運ぶだけで完了というものではありません。

 

日本から海外にたくさんのものを運ぶ場合、輸出通関書類の作成、輸入通関手続きなどが必要になります。

 

これは、業者のサービスの中に含まれているのが一般的です。

 

また、海外への輸送はタイムラグが出たり、予定通りに輸送が完了しないこともあります。

 

こういった場合には、業者が短期保管をしてくれます。

 

ただし、どこの業者でも海外の引っ越しを取り扱っているとは限りません。

 

それに、取り扱っているとしても、国によっては出来ないということもあります。

 

ですから、海外引っ越しの場合は、料金のことよりも、まずは自分が移住する国の引っ越しを取り扱っている業者を探すことから始めましょう。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報