引越し業者の見積りに養生や保険は入っていますか?





引越し料金は比較することで必ず安くなります。

引越し業者1社だけの言い値でそのまま契約するときっと後悔します。

引っ越し業者の一覧





引越し業者の見積りでは養生や保険について確認しましょう

引越し業者の見積りで、当然と思っていることが実は基本サービスではなくオプションである場合があります。

 

◎養生について

 

たとえば、家の壁や公共部分の養生です。

 

大手やちょっとした引っ越し業者なら、壁に保護材をつけ傷付けないように養生を行いますが、中小ではオプションになる場合があります。

 

値段はまちまちですが、5000円ほどからとなっているところもあります。

 

持ち家などの場合は、それほど養生については気にしなくていいかもしれませんが、借家などでは引き渡し時に問題が発生しないように注意しておくのがいいでしょう。

 

引っ越しの見積りで、養生について基本サービスに入るのか確認しておきましょう。

 

◎保険について

 

また、金銭関係のトラブルが発生しかねないので、引っ越し見積り時に保険をつけるところもあります。

 

万が一の時のために、保険はつけておくといいでしょう。

 

引越しの見積り時に申し出ないことで、保険が下りないケースがあります。

 

◎骨とう品などの貴重品について

 

骨とう品など、値が張るものは貴重品として扱われるため、運搬を拒否されることがあります。

 

骨董や美術品などの専門のサービスを利用するように誘導されることもありますし、万が一のことがあっても良いなら引き受けてくれるところもあります。

 

貴重品以外の荷物の破損や損害については補償をしてもらえることが多いですが、引越し時に起きた破損か故障かの証明を求められることがあります。

 

引っ越し前に現状を写真などに取っておいて証拠を持っておくといいです。

 

引越しの見積り時に、一緒に写真を取っておけば間違いないでしょう。

 

何らかのトラブルが起きても良いように、分からないところは引越し業者に確認を取っておきたいものです。

 

 

引越しの見積を比較して最安業者を選ぶにはこちら

 

やはりトラブル防止のために養生や保険については確認するべき

引っ越しの作業をしている際、家具や家の中に傷を付けてしまう可能性もあります。

 

一般的な業者の場合、家具に保護材を付ける、部屋にシートを張って養生するといった対策を行ってくれますし、保険をつけておくということもあります。

 

では、養生や保険というのは見積もりの段階で含まれているのでしょうか。

 

実はこれは業者によってそれぞれ違います。

 

基本サービスとして見積もりの段階から養生や保険を含めている業者もあり、この場合は何も問題ないのですがそうでない業者もあります。

 

この場合、養生や保険は別サービスという扱いになりますからこちらからサービスの利用を伝えなければなりません。

 

そうでなければ当日になって養生や保険を利用することができずにトラブルに発展する可能性もあります。

 

家具や家の中が傷付けばそれだけ余計な出費が増えてしまいます。

 

それを防ぐためにも見積もりの段階で養生や保険についてはどうなっているのかを業者にしっかりと確認する必要があります。

 

また、こうしたサービスは業者によって料金も違います。

 

無料という業者もあれば有料という業者もあります。

 

万が一のトラブルを防ぐためにも養生や保険は大切なのですが、あまりにも料金が高いのであれば考えなければなりません。

 

複数の業者に見積もりを請求し、無料の業者や安い料金の業者を探すというのがポイントになります。

 

引っ越しにかかる費用は決して安くありませんので、慎重に業者を検討することは大切です。


トップ 業者選びのコツ 引越しサービス比較 料金と相場の知識 安く引越すコツ 口コミ情報